無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[1日5分で座りながらダイエット!]ポッコリお腹に効く「腹筋トレーニング」3選

美容

お腹周りのお悩みを解決すべく、今回はペタンコお腹を目指す、椅子を使った腹筋トレーニングのやり方やコツを3つご紹介します!ポッコリお腹を解消させて、美しいボディで海に行きましょう!

お腹周りのお悩みを解決すべく、今回はペタンコお腹を目指す、椅子を使った腹筋トレーニングのやり方やコツを3つご紹介します!ポッコリお腹を解消させて、美しいボディで海に行きましょう!

腹筋はつらくて続けられない…

座って行う腹筋トレーニングの効果とは?

腹筋トレーニングといえば、横になった状態で行う運動がよく知られていますよね。しかし、実は座った状態でも腹筋を鍛えることはできるのです。

腹筋は大きく分けて、腹直筋、腹斜筋、腹横筋と呼ばれる3つの部位から構成されています。これらをバランスよく鍛えることにより、ウエスト部分やポッコリと出た下腹が引き締まり、お腹周りがペタンコになる効果が期待されています。

さらには、見た目の効果だけでなく、姿勢も良くなることで美しいボディラインにも繋がると言われています。

ポイントは?

①姿勢

座って行う腹筋トレーニングで意識したいポイントは「姿勢」です。この時の正しい姿勢は、骨盤を立てて、背中を真っ直ぐに伸ばすことです。頭の上から糸で引っ張られているようにイメージするといいかもしれません。

姿勢が悪いと、効果が薄くなるだけでなく、腰痛に繋がるなど、体に負担をかける可能性があります。寝た状態で行うトレーニングよりも姿勢が崩れやすいため、常に正しい姿勢を保つように心がけてくださいね。

②椅子

座る椅子の種類にも、ポイントがあります。ふかふかの柔らかいクッションだと、お尻が沈んで姿勢が崩れがちに…。

このため、出来るだけ座面が硬い素材の椅子を選ぶようにすると、正しい姿勢をキープしやすいでしょう。

腹筋トレーニング3選

1:超カンタン!腹横筋を鍛えるトレーニング

1.胸を張って、正しい姿勢で座ります。
2.ゆっくりと息を吐きながら、下腹部からお腹をへこませます。
3.へこませた状態で20~30秒キープ。(呼吸は普通にしてOK)
3.1の状態に戻して、3~5セット繰り返します。

腹横筋は、主にお腹を引っ込めるときに使われる筋肉で、コルセットのような働きをします。このトレーニング方法は、特に姿勢が悪い方や腰痛の方におすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ