無料の会員登録をすると
お気に入りができます

すらっと姿勢美人に♡なつかしの「ブリッジ」ポーズが効果抜群!?

引き締めはもちろん、代謝アップやストレス軽減など心と体に嬉しい効果抜群のブリッジポーズ。いきなり基本のブリッジポーズは難しいというエクササイズ初心者にもできるブリッジポーズのやり方をご紹介します。

2016年12月
美容

ブリッジポーズにはこんな効果が

子どもの頃によくやっていたブリッジポーズ。実は美容やダイエットに嬉しい効果がたくさんあるって知っていましたか?

① 美しい後姿に

背中は普段なかなか露出する部分ではない上に肉がつきやすいため、気をつけていないと大変なことに!エクササイズでなんとかしたいですよね。

ブリッジポーズは背中や腹部に働きかけることで、肩こりや腰痛、猫背、消化不良、生理痛緩和など様々な健康・美容効果が期待できます!

②新陳代謝アップ

ブリッジポーズは普段使わない筋肉や骨を動かすため、全身が刺激されます。新陳代謝を促進してくれそうですね。

③リラックス効果

ヨガでも取り入れられているブリッジポーズは疲れた脳を落ち着かせストレス軽減や不眠にも効果があると言われています。

まずは「ショートブリッジ」から

いきなり基本のブリッジポーズは体に負担がかかり過ぎてちょっと危険です。ジムでガンガン鍛えています!という人以外はまずこのショートブリッジから始めましょう。

① 膝を立てて仰向けに寝る

膝を立てて仰向けに横になります。両腕は肩の力を抜いて自然におろしておきます。

② 腰を持ち上げる

ゆっくり腰を持ち上げ、5秒ほどポジションキープしたらゆっくり元の位置に戻る。持ち上げたときに床から肩が離れないように注意。この動きを20回x2セット。週に2,3回だけでもOK。

ステップアップ「片足ブリッジ」

ショートブリッジに慣れてきたら、次は片足ブリッジポーズ。肩、背中、お尻、脚の筋肉が鍛えられてることが実感できるはず。

① 両手をついて座る

膝を立てて仰向けに横になります。両腕は肩の力を抜いて自然におろしておきます。

② 片足を伸ばして持ち上げる

手で床を押しながら片足を伸ばしたままでゆっくり腰を持ち上げる。この時、お尻の引き締めも意識しながら行うとより効果的。数秒キープして元の位置に戻る。反対側の足も同様に20回x2セット

基本のブリッジポーズ

体が慣れてきて大丈夫だと感じたら基本のブリッジポーズに挑戦しましょう。ただし、くれぐれも無理はしないようにしてくださいね。

① 膝を立て仰向けで横になる

床の上に仰向けになり膝を曲げる。かかとが膝の真下にくるように。

② 両手を耳の横につく

指先が脚の方向を向く状態で両手を耳の横につく。肘は広がらないようにしっかりしめます。

③ 頭で支える

手で床を押して体を持ち上げ頭で支える。

④ グッと両手で持ち上げる

息を吸いながらグッと手の力で持ち上げる。

動画で確認してみよう

基本のブリッジポーズは1:45あたりから。前半はショートブリッジの説明です。

冬太りも解消

筋肉を鍛えて引き締め&代謝アップで冷えないカラダに近づける、女子に嬉しいブリッジポーズ。まずは週に2〜3回のエクササイズからはじめてみませんか?

Pin it
ピンもと: lefashion.com
1
3
記事に関するお問い合わせ