無料の会員登録をすると
お気に入りができます

冬のおこもりタイムに♡SNSで「#話題の本」をピックアップ!

外見を磨くだけでなく、内面を向上させる自分磨きには、読書が最適。寒い日には、コーヒーをお供に、じっくり気になる本を読む時間もいいものです。今回は、ベストセラーを含む、話題の本をご紹介します。

2016年12月
カルチャー

読書が与えてくれるもの

輝いている人、なぜかいつも目を奪われてしまう人。そんな人は、自己表現も上手で、外見だけでなく、内面に関しても、自分を高める努力を惜しみません。

行ったことのない場所や会ったことのない人物、自分が経験したことのない感情。本の中のいろんな世界は、想像力や語彙力、豊かな感受性など、色んなものを読む者に与えてくれます。

ほんの少し余った週末の時間や予定のない週末は、ゆっくりコーヒーでも飲みながら、話題の本に目を通してみませんか?

女性がヘアスタイルにこだわる理由

女の運命は髪で変わる 

NHKの「あさイチ」でも紹介され、たちまち7万部を売り上げた、女性のヘアスタイルのバイブル書にもなりつつある「女の運命は髪で変わる」。

hair.cm

これまで4万人の撮影に関わってきた著者は、服よりメイクより女性は「髪が大事」と言います。理想の自分に近づくためには、どうすればいいの?という具体的な例もたくさん記載されています。

女の運命は髪で変わる 著:佐藤友美

¥ 1,404

なりたい自分をイメージすることの大切さを、15年間ファッション誌に携わってきた著者が具体的な例を出しながら示唆してくれる一冊です。

商品詳細
女の運命は髪で変わる 著:佐藤友美
www.amazon.co.jp
商品詳細

視点が楽しい自伝的ビジネス本

魔法のコンパス 

仕事に悩んだ時、思わず本屋で手に取りたくなるのが、ビジネス本。たくさん出版されている中、注目されているのは、意外にもお笑い芸人の著者が書いた1冊です。

finda.photo

人と同じことをしていても大成はしない。彼ならではの視線から提案されている数々の言葉は、仕事やビジネスに悩む人々のヒントになりうるのではないでしょうか。

魔法のコンパス 著:西野 亮廣

¥ 1,500

漫才師の他、絵本作家、イベンターなど、多彩な顔を持つタレント、キングコング西野が提案する、ちょっぴり枠を外した見方が魅力のビジネスヒント集。

商品詳細
魔法のコンパス 著:西野 亮廣
www.amazon.co.jp
商品詳細

これ私?と言いたくなる女性の物語

コンビニ人間

人は自分が枠から外れていないかどうか気になるもの。特に女性は、適齢期や仕事のキャリアなどを比較された時など、生きづらく感じてしまうことも多いものです。

finda.photo

第155回芥川賞を受賞したこの作品は、筆者の経験が映し出されているとも言われています。「普通」って何?自分の価値観は?色々考えさせられる内容になっています。

コンビニ人間 著:村田 沙耶香

¥ 1,404

主人公は36歳の未婚女性。コンビニにつとめて18年目の彼氏ナシ。どこにでもいそうな女性の社会での生きにくさをクローズアップした、リアリティを感じさせる名作です。

商品詳細
コンビニ人間 著:村田 沙耶香
www.amazon.co.jp
商品詳細

もし過去に戻れるなら、あなたなら?

コーヒーが冷めないうちに

著者は舞台の脚本家、演出家。彼ならではの設定でぐんぐんと読む人を引き込み、今「泣かせる小説」として注目されている「コーヒーが冷めないうちに」。

誰にでもある「あの時に戻りたい」という瞬間。戻ったとしても結果が変わるわけではないけれど、別れは悪いことばかり残していくわけじゃないことを、教えてくれる1冊です。

コーヒーが冷めないうちに 著:川口俊和

¥ 1,404

ある街の、とある喫茶店「フニクリフニクラ」。座ると過去に戻れるという席にはたくさんのルールが。そんなお店で起こった4つの奇跡のお話です。

商品詳細
コーヒーが冷めないうちに 著:川口俊和
www.amazon.co.jp
商品詳細

若い世代にも読まれている自己啓発本

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え

文明が進むことと反比例して、情報化社会の中で働く難しさや、人との関わりの希薄さに悩む人が多い現代社会。そんな今、アドラーという心理学者の教えが書かれた「嫌われる勇気」がベストセラーとなっています。

finda.photo

「嫌われる勇気」は、ただ「人に嫌われても好きなようにしていい」という単純な考えではありません。自らが選択して進む重要性を説いています。

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え 著:岸見一郎、古賀史健

¥ 1,620

フロイト、ユングに並ぶ言われる心理学の巨匠、アルフレッド・アドラーの教えが、哲学者と青年の対話形式でわかりやすく解説されています。

商品詳細
嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え 著:岸見一郎、古賀史健
www.amazon.co.jp
商品詳細

邪念のない子供の頃を思いだして

見てる、知ってる、考えてる 

TV番組でも放送され、脳科学者の茂木健一郎先生も大絶賛しているのは、わずか10歳の男の子の言葉が綴られた「見てる、知ってる、考えてる」。

finda.photo

まっすぐに物事を受けとめ、何事にも必死でストレートに表現していたあの頃。誰もが子供の頃持っていたであろう、ピュアな感情を思いださせる優しい本です。

見てる、知ってる、考えてる 著:中島芭旺

¥ 1,296

10歳の男の子、バオくんが書いた、話題の自己啓発本!子供の視線からみた世界、感じたありのままの言葉をぜひ味わってみてください。

商品詳細
見てる、知ってる、考えてる 著:中島芭旺
www.amazon.co.jp
商品詳細

他者と交わるからこそ見える自分

君の膵臓をたべたい

「キミスイ」の愛称で知られる、若い世代を中心にベストセラーとなっている「君の膵臓をたべたい」は、印象的なタイトルとは裏腹に、深い人生観を題材とした1冊です。

finda.photo

生きることと死ぬこと。人生において避けられない最も重要な2つの題材について、主人公の二人の恋愛模様を通しながら考えさせてくれます。2017年夏には映画化も決定している作品です。

君の膵臓をたべたい 著:住野よる

¥ 1,512

人気者の彼女と浮いている僕。ある日、彼女が余命いくばくもないことを知った時から、二人の人生は動き始めます...。

商品詳細
君の膵臓をたべたい 著:住野よる
www.amazon.co.jp
商品詳細

新しい発見が自分を成長させる♡

見た瞬間に「読みたい」と興味をそそられた1冊があったとしたら、それは今の自分に必要なものなのではないでしょうか。本との出会いがこれからの自分を変えてくれるきっかけになるかもしれません。

finda.photo
記事に関するお問い合わせ