無料の会員登録をすると
お気に入りができます

暖房器具も使い方次第です♡寒さをガマンしない冬のあったか節約術5選

冬は楽しいイベントが目白押しですが、その分お金がかかりますよね。ボーナスがあるとはいえ、節約してもう少し遊ぶお金を増やしたいというのが正直なところ…。そこで今回は冬に暖かく過ごしながらできる節約術をご紹介します。

2016年12月
ライフスタイル

今月のエアコン代大丈夫かな…

冬は暖房が欠かせないので光熱費が気になりますよね。我慢して暖房器具をつけないでいるのも辛い、なんてこともあると思います。そこで今回は我慢せずに節約するコツを5つご紹介します。

月5万円が楽々貯まる!?“やめるだけ”節約術がすごい♡

上手に貯金したいなら、今やっている不要なことを思い切って辞めてみましょう。それだけで不思議なくらいお金が貯まるようになります。月5万円の節約も夢ではありません!できることから始めてみてください。
4768

1. 家にいる日はエアコンは消さないで

エアコンは、設定温度に近づけるときに一番電力を使います。反対に、室温を保っているときにはそこまで電力を使いません。気にしてこまめに消していたという方は、もしかしたらかえって損をしていたかもしれません。

1時間部屋から離れる程度ならつけたままにしておいたほうが節約になることがあるんです。エアコンを消すのは家に誰もいなくなる昼間や、寝る時などが良いでしょう。

自動運転で20度が適温!?

風量が多いと無駄があるのではと弱めに設定している方もいらっしゃると思います。弱めにすると設定温度に近づくまでの時間が多くかかるので、かえって無駄になっている可能性があります。自動運転がおすすめです。

2. ホットカーペットを活用しよう!

冷たい空気は足元に溜まるものですが、ホットカーペットを活用することによってそれは解消されそうですね。あたたかなホットカーペットに毛布をオンすれば簡易コタツのできあがりでエアコン無しでもポカポカですよ。

冷え性で辛い足先もホットカーペットがあれば解決です。あたたかい靴下やルームウェアなどのアイテムに加えて導入してみてはいかがでしょう。様々なタイプがあり、長年使えて案外安いかもしれませんよ。

足元を暖めて体感温度をUP!

ホットカーペットは暖かくてとても気持ちいいのでついウトウトしてしまいますが、低温やけどをすることもあるので注意しましょう。タイマーで切れるようにしておくなどすると節約にもなりますね。

記事に関するお問い合わせ