無料の会員登録をすると
お気に入りができます

移動時間は賢く使え♡電車でできる体幹トレーニングで代謝アップ!

ダイエットをするうえで、大切といわれている基礎代謝量。一日に何もしなくても体が消費してくれるエネルギーが多ければ何もしなくても痩せ体質になれるかも?電車通勤のスキマ時間に体幹トレーニングをして、効率よく筋肉を増やす工夫として基礎代謝アップ&太りにくい身体を作っていきましょう!

2016年12月
美容

心がけ次第で美ボディは作れる!

普段、電車通勤をしている方も多いかと思いますが、その移動時間にひっそりと周りに気づかれずできる体幹トレーニングがたくさんあるんです。

即効性はなくとも、毎日の小さな積み重ねでスリムボディは叶うかも。通勤時間をムダにしないためにも体幹トレーニングで、脂肪燃焼率アップ&エネルギー消費につなげていきましょう!

電車の中で立つだけでも違う!?

電車で立ったり会社や駅まで歩いたりするのは、座る・寝るというような安静な状態とは逆で、むしろエクササイズしているに等しい状態ともいえます。駅や会社までのウォーキングも、カロリー消費に役立っているのです。

毎日すし詰め状態で辟易している方も、少し視点を変えて「この瞬間もしっかりカロリー消費しているんだ!」と思えば、つらい電車通勤もポジティブにとらえられるかもしれませんね。

通勤中にできる♡プチ体幹トレーニング

①吊革を使って二の腕シェイプ

吊革を“逆手”でつかんで、力こぶを作るように腕に力を入れましょう。懸垂のような形になりますが、体を浮かす必要はありません。二の腕を意識するようにすると、より効果アップ。

②つま先立ちでふくらはぎを刺激

ふくらはぎの筋肉を意識しながら、吊革をつかんでつま先立ちをゆっくり10回繰り返しします。ふくらはぎは第二の心臓といわれるくらい大事な筋肉。冷えやむくみなどが気になる方に特にオススメのトレーニングです。

③電車の揺れを利用して筋トレ

吊革や手すりなどにはつからまずに、足を肩幅くらいに開いて姿勢良く立つだけでも体幹トレーニングになります。電車の揺れに合わせ、全身の筋肉を使いながらバランスをとることがコツです。下半身の引き締めにも効果があります。

④立ったままドローイング

鼻から吸った息を口から吐いてお腹がへこんだ状態を30秒キープ。慣れてきたらキープする時間を少しずつ伸ばしましょう。これに加え、キープする時にお尻も一緒に引き締めるようにすると腹筋も同時に鍛えられます。

⑤太ももを意識して美脚に

立っている状態で、太ももにクッションを挟んでいるとイメージしてみましょう。自然と力が入って太ももにある内転筋が鍛えられます。両ヒザをピッタリとくっつけて行うのがポイント。

座れてラッキー♡でも油断は禁物!

立っている状態に比べ消費カロリーは劣りますが、座っている時でも体幹トレーニングはできます。姿勢が悪い状態のまま過ごすのではなく、体幹を使った美脚エクササイズに励みましょう!

①足先クロスで太ももをスリムに

座った状態のまま、足先をクロスして膝と膝を押し合うように力を入れます。この時、内ももの筋肉を意識するようにすると良いでしょう。太もも全体の筋肉を刺激できるので、美脚効果アップ!

②姿勢を正して背筋アップ

背筋をピンと伸ばし、くるぶしと膝をピッタリ合わせてキープ。背筋と太ももといった大きな筋肉を意識するだけで、体の代謝がグンと上がって痩せやすい身体につながっていきます。

③足を浮かせて腹筋をダイレクトに刺激

両足をピッタリそろえて、少しだけ床から足の裏を浮かせます。太ももとお腹に負荷がダイレクトに直撃するのでプルプルと震えが来ますが、周りを見ながら休み休み行いましょう。腹筋女子を目指している方にオススメ。

通勤中のトレーニングでこっそり痩せよう♡

体幹トレーニングを習慣にすれば基礎代謝量が自然と上がるので、食事制限したり激しい運動をしなくても、ゆっくりと体重が落ちていく可能性も♡リバウンドも起こしづらいので、ぜひ一度試してみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ