無料の会員登録をすると
お気に入りができます

物足りなさを解決!ベジタリアン料理をレベルアップさせよう♡

健康やダイエットのためにお肉やお魚を控えて、野菜中心の食生活に切り替えようとトライしても、何だか物足りないと挫折してしまう人も少なくないのではないでしょうか。そんな人のために、自宅で簡単に真似できて美味しい世界のベジタリアンレシピをご紹介します。

2016年12月
レシピ

野菜中心の食生活

健康やダイエットのためにベジタリアンフードに挑戦してみようと思う女性は多いと思います。お肉やお魚を控えるベジタリアンの食生活は、女性の体に様々な効果をもたらしてくれると言われています。

Pin it
ピンもと: pinchofyum.com
11

しかし、昔からお肉とお魚を食べる習慣のある日本人の私たちが、急にそれを絶つのは実はかなりパワーのいることです。実際にベジタリアンフードの物足りなさに挫折してしまう人も多いようです。

そこで世界のレシピの中から日本人の私たちでも美味しく食べられるメニューをご紹介します。美味しくてしっかりと食べ応えのあるメニューなら、もっとベジ中心の食事を楽しむことができるはずですよ♡

ベジタリアンフードを美味しく食べるコツ

良質なオリーブオイルは必需品

良質なオリーブオイルはベジタリアンフードを美味しく食べるための必需品です。良質なオリーブオイルはそれだけで野菜やドレッシングの味を最高に引き立てるため、ベジタリアンフードの必需品と言えます。

スパイスを上手に使う

味が単調になりやすいベジタリアンフードではスパイスを上手に使うことで、味に変化をつけることができます。またそれぞれのスパイスも、美容や健康に働きかける効果を持っています。

ナッツや豆

Pin it
ピンもと: naturallyella.com
1
33

肉や魚を食べない代わりに、ナッツや豆などは大切なたんぱく源となります。またナッツや豆を入れることで、食感が豊かになったり、広くお肉の代用として使うこともできます。

旬の野菜を食べる

大切なことは旬の野菜を選び食べることです。旬の季節がもっとも旨みや味わいが深くなるため、同じものでもシーズンによって全く違うように感じられるはずででしょう。

食べ応えバッチリ!ベジタリアンラザニア

お肉を使うことなく、野菜をたっぷり使ったラザニアは食べ応えたっぷり。ちょっとした工夫次第でヘルシーに仕上がるので、野菜をたくさん加えれば、日頃の野菜不足も解消することができます。

お肉の代わりにキノコを使用する

普段ラザニアを作る時にはひき肉を使用しますが、ベジタリアンのレシピではお肉を使わないのがルール。またブイヨンや動物性の油が含まれるクリームもなるべく使用を控えれば、カロリーを低く抑えることができます。

Pin it
ピンもと: eatwell101.com
437

多くのベジタリアンフードでは、お肉の代わりにキノコが使用されます。キノコを用いれば食物繊維やたんぱく質もしっかりと補うことができます。また便秘解消効果も高いので、普段お通じが悪い人にもお勧めです。

手順はお肉を使用するときとほとんど変わりません。キノコはみじん切りに、また他にラザニアに使用する野菜も食べやすく切って下処理していきます。茄子やほうれん草、細かく刻んだニンジンを入れるのもお勧めです。

またキノコと野菜は水が出るので、下味をつけるときにはしっかりと炒めて水分を飛ばしてから、トマトソースと合わせ煮込んでいきましょう。

キヌアで作るミートレスボール

体に必要なアミノ酸を多く含み、パスタやお米の代わりに食べるスーパーフードとして注目されているキヌア。そのキヌアを使ったミートレスボールは、ミートボールの代用として様々な料理に使うことができます。

キヌア・野菜の下ごしらえ

まずはキヌアを良く洗い炊きましょう。普段使用している炊飯器で炊くこともできますし、お鍋で茹で炊くこともできます。お水の量ははキヌアの2倍と覚えておけば簡単です。

玉ねぎ・ピーマン・ニンニク・パセリ・オルガノをみじん切りにし、フライパンにオリーブオイルをひいて軽く炒め、全体に火を入れておきます。レンズ豆は茹で、よくすり潰しておきましょう。

キヌアが炊けたら、少し冷ましてから大きなボウルに材料をうつします。そこにパン粉と少量の水、塩コショウ・カイエンパウダーを振って軽く混ぜ合わせたら、しっかりと手で練っていきます。

丸く成形したら、冷蔵庫で少し休ませ、オリーブオイルをひいたフライパンできつね色になるまで炒めましょう。できたミートレスボールはスープやサラダだけではなく、煮物や鍋などにも幅広く使うことができます。

ベジタリアンフードを食べよう!

いかがでしたか?美味しく食べられるベジタリアンフード、ぜひ試してみてくださいね♡

記事に関するお問い合わせ