無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これだけでプロ顔負け♡セルフネイル派が覚えるべき裏ワザ7選

ビューティ

セルフでも高見えネイルに♡

爪のお手入れをしてからマニキュアを塗るだけでも十分に素敵ですが、たまには凝ったデザインのネイルにもチャレンジしてみたいなと思いませんか?

筆を使って両手に同じような絵を描くのはかなり大変ですが、もっと簡単にお洒落なデザインを作る方法もたくさんあるんです。早速詳しいやり方をチェックしてみましょう。

①ラメグラデはスポンジ使いがカギ!

一番簡単なネイルアートと言えば、いつものマニキュアにラメを重ねたデザインですよね。しかしラメマニキュアをそのまま塗ると、ラメが偏ってバランス悪く見えてしまいませんか?

ラメを綺麗なグラデーションにしたいときは、メイク用スポンジに塗ってからポンポンと爪に叩き込む方がベター。ひと手間加えるだけで、グッと綺麗に仕上がります。

②初心者さんには油性ペンがオススメ

ネイルアート初心者さんにおすすめなのが、マニキュアを塗った爪に油性ペンで線や絵を描く方法。失敗してもペンの跡だけをコットンに浸したエタノールで拭き取れるので、ベースコートから塗り直さなくて済むんです。

油性ペンがあれば水彩画ネイルもラクラク♡

油性ペンをエタノールで滲ませれば、水彩画アートも簡単に作れます。綺麗に仕上げるコツはすぐにトップコートを塗らないこと。20分ほどおいてから塗れば、色が混ざることなくそのままの状態をキープできますよ。

ガラス容器にの底に油性ペンを塗り、エタノールを少量垂らして色を薄めます。動画の0:20~0:45のように、マニキュアを塗った爪にお好みの濃さになるまで筆で色を重ねればできあがりです。

③サランラップで水彩画ネイル♡

水彩画ネイルや大理石模様などを作るには、サランラップがお役立ち。ぐしゃぐしゃと丸めたものを爪の上でポンポンとするだけで、綺麗に色が混ざるんです。

記事に関するお問い合わせ