無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今年はキャリアアップしたい!アラサー女子に人気の役立つ資格6選

来年はもっと仕事を頑張りたい、そんな方は年末年始に密かに勉強を始めているようです。そこで、アラサーの女性におすすめな、現在の仕事をスキルアップするための資格を詳しくご紹介します。

2016年12月
ライフスタイル

来年はもっと仕事を頑張りたい!

思いを叶える「資格」をまとめました

今年も1年、お仕事お疲れ様でした。今年の反省も踏まえて、来年はもっと仕事を頑張りたいと考えている人も多いのではないでしょうか。たとえば…

・仕事が伸び悩んでいる
・会社で必要とされる人になりたい
・会社での人間関係をうまくやりたい
・密かに転職の準備をしたい

そんな思いがある方は、キャリアアップのために資格を取りませんか?そんな、仕事のスキルアップに役立つ資格やその難易度、おすすめの勉強法、資格取得後のキャリアイメージをご紹介します。

1.秘書検定

ビジネスマナーを完璧に

秘書になるための資格というだけでなく、今まで身につけたビジネスマナーをさらにスキルアップさせることができる資格です。電話・メール対応、上司や取引先でのやりとりがスムーズになるためのマナーを学べます。

「一緒に働きたい」と思われる人柄も磨けて、転職でも役立つようです。合格率は2・3級は筆記だけで約6割。準1級・1級は面接もあるので約3割と難易度が高くなりますが、より実践で役立つ資格と言えるでしょう。

秘書検定の詳細はこちら

2.マイクロオフィススペシャリスト

パソコンスキルの高さを証明

事務全般の仕事で持っていると評価が高くなる資格です。MOSと略されることもあります。マイクロソフトのワード、エクセル、パワーポイントなどが使えることの証明になるのです。

unsplash.com

パソコンの実務力がつくことで、仕事のスピードもUPにもつながるでしょう。現在の仕事ではもちろん転職でのアピールポイントにもなります。世界共通の資格なのでグローバルな仕事にもつながるかもしれません。

勉強法は対策の教材を買って独学で学んだり、対策講座を受けに行ったり、学習を支援してくれるサイトを参考にするなどさまざまなアプローチがあります。生活との兼ね合いも考えながら、勉強時間を作りましょう。

MOSの詳細はこちら

3.ITパスポート試験

ITの基礎知識を学んで深みのある仕事に

ビジネス社会において必要不可欠な基礎知識を学べる国家試験です。iパスとも呼ばれています。ITの基礎、情報のセキュリティ、コンプライアンス、経営戦略などマネジメントなどさまざまな知識が身につくのです。

仕事を深く知ることができるベースとなるので、業務効率も上がります。仕事のことをよく知っているつもりでも、見直してみると意外と知らないことも多いはず。転職でのアピールにもつながります。

合格率は50%弱と、難易度がかなり高いというわけではなさそうです。実際、正答率は60%ほどで合格できています。知識を記憶しテストする、という学習を繰り返すことで合格につながるそうですよ。

ITパスポート試験の詳細はこちら

4.簿記2・3級

経理・会計事務にはうってつけ

簿記は日々の経営活動を記録し、計算し、整理してまとめ、経営成績と財政状態を明らかにする技能。経理や会計の方ならば持っておきたい資格です。

初心者は4級で、ビジネスシーンで必要とされるのは2、3級が多いようです。合格率は20%前後と難易度も高め。質が良く最新の教本をそろえ、暗記だけでなく知識を深めながら学ぶことが大切なようです。

簿記の詳細はこちら

5.宅地建物取引士

法律の資格を取りたい初心者に

家を買うなど不動産取引で、法律の知識に基づいた適切なアドバイスをするための国家資格です。宅建とも呼ばれています。認知度も高く、女性の再就職にもうってつけの資格なのだとか。

法律の基礎から学べる資格としても人気です。行政書士や司法書士、ファイナンシャルプランナーなど法律を必要とする資格のベースとして、最初に勉強するのも良いでしょう。

合格率は15~17%とあまり高くありませんが、入社したての新人など「とりあえず受けてみる」人が多いからなのだとか。正答率は70%ほどで合格できるので、きちんと勉強して合格できたという方もたくさんいます。

宅建の詳細はこちら

6.ファイナンシャルプランナー(FP)

実生活にも“お金の知識”が役立つ

税金・保険・年金など金融に関する幅広い知識を持ち、目標や夢を叶えるために資金計画を立ててプランニングする国家資格。銀行などの金融機関はもちろん、不動産、保険会社などさまざまな業種で役立ちます。

業績につながるのはもちろん、お金の知識が増えることで実生活の経済面を見直せるでしょう。日々のお金のやりくりから、現実的に人生設計をしていくのに、とてもためになりますよ。

試験は学科と実技があり、初心者向けの3級は70%前後と合格率も高め。2級は学科が40%、実技が50%と合格率が下がります。年に3回も試験があるので、チャンスもその分多いのがありがたいですね。

FPの詳細はこちら

学んですぐに役立つ資格を取ろう

ご紹介した資格はどれも勉強しながら実際の業務にも活かせて、資格を取ることでスキルアップの証明をし、実践することができるものばかりです。

目の前の仕事に没頭するだけでなく、将来の仕事まで見据えて、役に立つ資格を取得しておきませんか?

記事に関するお問い合わせ