無料の会員登録をすると
お気に入りができます

在宅ワーク、腰にくる問題を解決!腰痛に効くストレッチ10選

ビューティ

①足裏を合わせて座り、膝を床につけるようにして股関節の準備運動。
②四つん這いから膝を外側に広げる。
③脚を広げられるだけ広げて上半身を前へ。
④腰を前後や左右に動かす。
⑤痛みがなく、伸びを感じるところで数呼吸。

9.下半身が伸びるお尻ストレッチ

腰とつながっているお尻をほぐすのも、腰痛を改善するのに役立ちます。また体を支える下半身のストレッチにもなり、腰の負担を減らしてくれるのも◎。ずっと座っているとお尻の筋肉も凝り固まるので、ほぐしてリフレッシュさせましょう。

①四つん這いになる。
②右膝が90度くらいになるように内側に曲げる。
③左脚は後ろに伸ばす。
④腕はひじを床につける。
⑤お尻が伸びているのを感じながら60秒キープ。
⑥左側も同じように。

10.太もも裏を伸ばす前屈ストレッチ

太もも裏がかたいと、腰を支える下半身の柔軟性がなくなり、腰痛になりやすくなります。また首・肩こりの原因にもなります。腰など全身の凝りにもつながる太もも裏は前屈をしてやわらかくしましょう。

①片足を前へ出して、後ろ足は膝立ちに。
②お尻を少しずつ後ろへ。
③前足は膝を伸ばす。伸ばしきらなくてOK。
④手や足は楽な位置でキープ。
⑤背骨は伸ばし、ゆっくりと前屈。
⑥お尻を左右に動かしたり、膝を屈伸したり。
⑦太もも裏が伸びるのを感じて。
⑧3~5回呼吸する。

体を整えて、在宅ワークを頑張ろう!

undrey / Getty Images

腰痛を改善するストレッチをすると、体が楽になります。また体を動かしてリフレッシュすると、仕事へのやる気もアップしそうです。家の中で体をしっかりと整えて、在宅ワークに励みましょう。

記事に関するお問い合わせ