無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お得に断捨離♡臨時収入もゲット出来るフリマアプリを上手に使おう

2017年に向けて大掃除も考えている頃。そんな時期に活用したいのがフリマアプリです。上手く使えば、いらないものが臨時収入に変わります。今回はフリマアプリを使う上で安心した取引をするためのハウツーをお話しします♡

2016年12月
ライフスタイル

お得に断捨離したい

フリマでトラブル回避や上手く売る秘訣は?

新年を素敵に過ごすために断捨離をすることは大切。2016年に使わなかったものを見返して、いるかいらないかを判断しましょう。

いらないという結論になったら捨てるのも良しですが、まだ使えるものでしたらフリマアプリに出品して臨時収入をゲット!今回は嬉しいフリマアプリをちゃんと使いこなすためのハウツーをお話しします。

出品者として上手く商品を売る秘訣は?

商品の相場を知る

フリマアプリではカテゴリー別に商品が出品できるようになっています。出品したいカテゴリーを隅々まで見てみましょう。そうすると大体の売りやすい相場がわかってきます。

なるべく商品を高値で売りたい方は、カテゴリーを見ることは必須。早く断捨離したい方は、それよりも安く出品すれば、ノーブランドだったり、状態がよっぽど悪くない限りは大抵売れていきます。

商品のカテゴリーに似ているタグを記載

基本は自分の商品のカテゴリーに出品するだけですが、実は裏技があります。カテゴリーの似ている物の名前を記載できるところに記載しましょう。

記載した物(ブランド)のところにも表示され、より購入されやすくなります。

取引相手の評価を確認

取引を上手くいかせるためには、購入者がきちんとした人かどうかを見る必要があります。それを知る方法は過去の取引における評価です。

フリマアプリでは相手の評価が見れるので、評価を見て相手の信頼度を判断しましょう。

状態は文章と写真が一致する記載に

出品者としてお金を貰うのであれば、相手に商品の状態をきちんと掲載した上で「欲しい」と思わせる必要があります。

商品が買った時の状態と違っていたら全体写真と共に、難ありの部分もアップして写真と文章でしっかり記載しましょう。

中古だと書いていたり、状態の項目にやや傷ありなどと記載しているだけではトラブルは回避できません。状態の項目、文章、写真が一致していることが大切です。

加工のしすぎはNG

加工アプリも色々できるようになりましたが、原形がわかる程度で抑えましょう。写真をセピア調にしていたり、モノクロに加工しても商品の状態がわかりにくくなって売りづらくなるだけです。

写真をいじるのは、基本的にコントラストや多少の色彩のみ。見た目を良くしたいのであれば、商品を白い布地の上で撮ったり、ブランド物は箱と一緒に撮るだけでも見栄えがよくなりますよ。

追跡はマスト!定形外発送は止めましょう

受け取り評価をされないと入金されないことも

定形外は商品を安く出品でき、売れますが定形外で発送してしまうとトラブルを防げません。相手に「商品が届かない」と言われた場合、定形外発送をしてしまうと追跡の形跡がないため事務局側は何もできないのです。

最近のフリマアプリでは、購入者が受け取り評価をしてくれないとお金が入金されない仕組みになっています。届かなければ受け取り評価はされず、お金も商品も失う可能性があるので気をつけましょう。

追跡ありの利便性は相手に商品が届いていることが確認できれば、事務局が評価をしてくれるため入金されます。稀に商品代金を支払えば終わりと思っている方もいますので、追跡有りは取引をする上で大切なんです。

断捨離はアプリを有効活用♡

giftel(ギフテル)

こちらは基本的には無料で譲るフリマアプリです。お金にはならないけど、捨てるのは勿体ないと思ったら出品しましょう。送料は着払いにすれば、こちらはプラスはありませんが損もしません。

giftel(ギフテル)

Mercari(メルカリ)

メルカリは日米合わせて4,000万のダウンロードがあった人気サイトです。商品数も多く、色々な人たちが集まっているので売りやすいサイトです。

Mercari(メルカリ)

FRIL(フリル)

フリルは現在、嬉しいことに手数料無料!手数料を上乗せすると売れない商品、または手数料分も臨時収入にしたい方におすすめのフリマアプリです。

FRIL(フリル)

いらないものを処分してプラスに♡

お得に断捨離をしたい人にとって、クリスマスとお年玉が貰える新年は出品しやすい時期です。

きちんとマナーを守りながら、ぜひ2017年に向けてお得に断捨離してはいかがですか♡

記事に関するお問い合わせ