無料の会員登録をすると
お気に入りができます

指輪はつける指で意味が違う♡意識してつければ良い事あるかも?

普段何気なく身につけている指輪。みなさんはどの指につけていますか?実は指輪はつける位置によって意味が変わってくるって知ってましたか?

2016年12月
ライフスタイル

指輪をはつける指で意味が変わる

結婚指輪や婚約指輪は左手の薬指につけるというのは多くの方が知っていると思いますが、実は他にもどの指に指輪をつけるかによって、意味などが変わってくるんです。そこで、それぞれの指の意味などをご紹介していきます。

インスタで見つけた♡Xmasに欲しい可愛すぎるジュエリーたち

クリスマスはもうすぐそこ。この一年間頑張ったご褒美に、女性なら誰でも欲しくなるのはやっぱりジュエリーですよね。心踊るホリデーシーズンを華やかに演出する飛び切り可愛いジュエリーブランドをご紹介します。
1708

親指(サムリング)

左の親指

「目標や夢を叶えたい時」
左手の親指は、自分の信念を貫き前進するパワーが呼び込めると言われています。また叶えたい目標や夢がある時にもおすすめです。

instagram.com

右の親指

「困難に打ち勝ち強い心を持ちたい時」
右手の親指は指導力を司ると言われており、リーダーシップを発揮したい時などにパワーをくれるそうです。そのため、自分を見失いそうな時、負けそうな時にもおすすめです。

人差し指(インデックスリング)

左の人差し指

「自分の願望や思いを実現に導きたい時」
左手の人差し指は積極性を高めてくれるといいます。自分の指し示すゴールに向かって前向きに進み取り組むことができる手助けになってくれるかも。

右の人差し指

「人前に立ちリーダーとして頑張りたい時」
集中力や行動力が高まると言われている右手の人差し指。また、人の上に立つときやリーダーシップを発揮したいときにもオススメなんだそうです。

中指(ミドルフィンガーリング)

左の中指

「人の気持ち場の空気を読む能力が高まる」
左の中指に指輪をすると協調性が高まると言われています。相手や周りの空気を読む能力が上がり、円滑なコミュニケーションを築くことができるそうです。

右の中指

「直感力や行動力を高める」
直感力が冴えわたり、邪気を払って運気やパワーを味方に付けることが出来きるそうです。

記事に関するお問い合わせ