無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ツラい締め付けからおさらば!「ノンワイヤーブラ」が今キテる♡

各下着メーカーから販売されている「ノンワイヤーブラ」。 最近は、着心地が楽なだけでなく、胸の形を綺麗に見せてくれるものが多いのを知っていましたか?今回は、ノンワイヤーブラの魅力とおすすめのブランドをご紹介します!

2016年12月
ファッション

ブラジャーの締め付けから解放されたい!

サイズやデザインなど重視しがちなブラジャーですが、胸にとって大切なのは、その“フィット感”。身体を動かすとズレたり、締め付けが気になる方はブラが合っていないのかもしれません。

一度ブラトップの開放感を味わってしまうと、なかなかブラジャーに戻れないともよく言われますが、胸が垂れることを考えるとこのままはマズいような気もしたり。そこで今話題なのが「ノンワイヤーブラ」なのです。

ノンワイヤーブラのメリット♡

①適度な開放感を味わえる

一般的なブラジャーはしっかりとしたホールド感が魅力ですが、ワイヤーによる締め付けがなんとなく不快だったり、場合によっては痛みを伴ったりするもの。

一方ノンワイヤーの場合は、そのようなわずらわしさとは一切無縁。最大の特徴とも言える「つけ心地の良さ」に魅了されて、ノンワイヤーブラに切り替える女性が増えてきています。

②可愛いデザインが豊富

「ノンワイヤーブラってなんかデザインがダサい…」と思っていませんか?普通のブラジャーには可愛いものがたくさんありますが、ノンワイヤーだって負けてはいません。最近では多種多様なデザインを楽しめるんです。

ただ可愛いだけでなく個性的でおしゃれなものも多数あるので、デザインの選択肢もグンと増えてきています。つまり、女性が服を選ぶようにインナーウェアも選べる時代に突入したと言えますね。

③背中のハミ肉もしっかりカバー

最近のノンワイヤーブラは、背中の余分なハミ肉もしっかりカップに入れ込んでくれる高機能のものが増えてきています。ポヨっとした脇肉も、幅広のサイドベルトでくい込みを目立たなくしてくれる効果も。

胸をしっかり盛っても、後ろ姿の段々が丸見えでオバサン感が出ていると、一気に残念な気持ちに。普通のブラジャーで無理して頑張らなくても、ノンワイヤーブラで脇や背中のお肉をすっきり見せることができるんです。

付け心地抜群♡ノンワイヤーブラ5選

une nana cool

ワコール人間科学研究所とウンナナクールが共同開発した「FUN FUN WEEK」は付けても楽なのにバストメイクできるノンワイヤーブラ。ウレタン成型カップがバストの形をしっかり整えてくれます。

www.une-nana-cool.com

素材にこだわりたい方は、コットン素材でできたものもオススメ。前を中心にUカーブで加工された浅めのラインで、胸のラインを立体でキレイに見せる効果があります。安心できるつけ心地の良さが魅力。

www.une-nana-cool.com
une nana cool 公式サイトへ

Triumph

キレイにはなりたいけど、無理をしたり頑張りすぎるのは嫌!という女性のために作られたノンワイヤーブラ。保形性や通気性に優れたカップ素材を使用し、しっかり高さのあるバストラインを作ってくれます。

jp.triumph.com
Triumph 公式サイトへ

BRADELIS NEWYORK

特許を取得した立ち上げ三角パットに加え、バストを下から持上げる引き上げループを搭載し、ワイヤーなしでもしっかり胸を包み込んで寄せ上げてくれます。ノンワイヤーでも美胸にこだわりたい方にオススメ。

shop.bradelisny.com
BRADELIS NEWYORK オンラインショップへ

aimerfeel

しっかりと成形されたモールドカップにより、一般的なノンワイヤーより一層ボリュームUPした谷間を実感できるはず。なめらかな質感で伸縮性もあるので、着け心地も楽チン&アウターに響きにくい作りが特徴です。

shop.aimerfeel.jp
aimerfeel 公式サイトへ

Wing

女を楽しむノンワイヤーがコンセプトの「Date.」では2種類を展開。バストをやさしくつつみこむノンワイヤー「つつみこむタイプ」は、自然な着用感とすっきりとしたシルエット両方を叶えてくれます。

store.wacoal.jp

もう一方は、バストを支えつつ形をキープしてくれる「ととのえるタイプ」。タックやギャザーをふんだんに使ったデザインは、ノンワイヤーのものとは思えないほど上品でクオリティ高めのブラに仕上がっています。

store.wacoal.jp
Date. 公式サイトへ

気になる方は一度お店で試着してみて♡

デートの日はワイヤー入り、仕事で残業になりそうな日はノンワイヤーにするなどして、気分やシーンでブラジャーを使い分けるのもアリ。体への負担を少なくしつつ、胸もストレスから解放してあげましょう。

記事に関するお問い合わせ