無料の会員登録をすると
お気に入りができます

プレ花嫁さんへ♡憧れの純白ドレスは「後ろ姿」が勝負です!

多くの女性が憧れるウェディングドレス♡ドレス選びはいろいろ迷っちゃいますよね。そんなとき絶対譲れないのは「後ろ姿」の美しさ!今回は「後ろ姿」をより美しく見せるドレス選びのポイントをお教えしちゃいます。プレ花嫁さんは必読ですよ。

2017年1月
恋愛・結婚

ドレス選びは迷っちゃう!

多くの女性が憧れるウェディングドレス♡あれも着たい、これも着たいという気持ちはよく分かります。でもデザインよりまず重視すべきは、自分の体に合った形のドレスを選ぶ事。

そして次にデザイン。あれも可愛い、これも可愛いと色々試着する人がほとんどですが、案外見落としがちなのが「後ろ姿」の見え方です。今回はウェディングドレス選びのもう1つのポイントをお伝えします。

ポイントは「後ろ姿」だった!?

unsplash.com

ウェディングドレス選びで重視すべきもう1つのポイントは「後ろ姿」!挙式に参列したことがある方ならお分かりだと思いますが、チャペル内で参列者は新郎新婦の「後ろ姿」を見守る時間がほとんどです。

披露宴の時には、メインテーブルがあるので胸から上の方しか見えません。しかも披露宴でウェディングドレスを着る時間って結構短い上、その間は主賓の挨拶などがほとんどですよね。その間注目されるのは主賓の方や新郎新婦の表情。

案外ドレスに注目が集まる時間って短いんですね。だったら、一番注目を集める挙式で存分に見てもらわないとですよ!どうせいろいろ試着して悩むなら「後ろ姿」にもとことんこだわってみませんか?

ポイント1:トレーン

まず抑えておきたいのは、トレーンの長さ。トレーンとは引き裾の事を言い、トレーンの長さが長い程、身分が高くドレスの格式が高いと言われています。でも実際今の日本でそこを気にしている方はほぼ居ません。

ロングトレーンで憧れ花嫁に

とは言ってもトレーンの長さ選びも重要で、長いバージンロードを歩くならやはり長いトレーンがオススメ。なんと言っても長いトレーンはとても上品で、豪華な印象を与えてくれるんです。

ブライダル ヘアアレンジ hairarrange on Instagram: “・ wedding♡ ・ 結婚式前撮り当日のご依頼受付しております♡ ・ Producing space @vintagegarden0510  @vintagegardenwedding 𓇼 flower @colzaflower  @colzawedding 𓇼 hair…”
instagram.com

また、階段や芝生などの上に美しく広げられたらドレスでの写真撮影は女性の憧れですよね。長いトレーンのドレスならその夢も叶えられますよ。

短めトレーンで可愛らしい花嫁に

一方、バージンロードが短い場合や披露宴会場がそれほど大きくない等の場合には、短いトレーンがオススメです。このような言い方をすると、やはり長い方が良い様に聞こえますがそんな事はありません。

気に入った会場に合わせる事も重要です。かしこまり過ぎるのが苦手な方や、キュートなデザインがお好みならトレーンは短めがオススメ。最近は取り外し可能なドレスもあるので、衣装係の方に色々相談してみて下さいね。

ポイント2:ベール

次に抑えておきたいのは、ベール。一言でベールと言っても様々なデザインがあり、ドレスと相性の良い物を見付ける必要があります。中でも気を付けたいのが、ベールの長さ。ベールの長さには、ロング・ミディアム・ショートがあります。

ロングタイプ

一番人気はロングタイプ。トレーン同様、後ろに大きく広がるベールは存在感があり、長ければ長いほど美しく見えます。ロングベールを選ぶ時は「身長+ヒールの高さ+トレーンの長さ+30cm以上」の物を選ぶと良いそうですよ。

ミディアムタイプ

お次はミディアムタイプ。身長にもよりますが、大体お尻辺りまでの長さの物を言います。洗練されたスタイリッシュな花嫁を演出してくれますが、バックにリボンや花などインパクト大な装飾があるドレスの場合は避けたいベールです。

ショートタイプ

可愛らしい印象を与えてくれるショートタイプは、二の腕が隠れる位の長さです。ショートタイプのベールを選ぶ場合は、顔周りの装飾品を控えめにするとバランスが良く見えるそうですよ。キュートで初々しい花嫁さんにはショートタイプがオススメです。

ポイント3:背中のカット

「後ろ姿」のデザインでドレスを選ぶ時、ありがちなのはウエスト部分に付いた装飾品。大きなリボンや花は目を惹きますよね。でもそこだけを見ていてはもったいないですよ。「後ろ姿」にとことんこだわるなら、背中のカットにも注目です。

背中のカットデザインもドレスによって様々。背中は自分でお手入れがしにくい分、露出するのに抵抗を覚える人も少なくはありません。そんな方は、レースや細かい刺繍などで露出を抑えたデザインがオススメですよ。

一方で、大胆にカットされたデザインのドレスも案外人気なんだとか。こんなに背中を露出する事なんて日常生活では、めったにないですよね。上手く着こなせれば、周りの視線も釘付け間違いなしですよ!

前から見たデザインが似ているドレスでも、背中のカットの方法によってかなり印象は変わってきます。会場や披露宴のテーマ、そして貴女自身の肌や体型と相談して一番美しく背中見せ出来るデザインを見付けて下さいね。

「後ろ姿」で輝く自分を魅せよう♡

いかがでしたか?今回は案外見落としがちな「後ろ姿」を美しく見せるドレスについて記事をまとめてみました。ぜひ参考にして、より輝いた花嫁になれるようステキなドレスを見つけて下さいね♡

記事に関するお問い合わせ