無料の会員登録をすると
お気に入りができます

甘さもスパイスも自分好みに!おうちチャイを楽しみませんか?

グルメ

チャイってどんな飲み物?

「チャイ」とはヒンディー語で「お茶」を意味する言葉。中国語の「茶(cha)」に由来しているそう。日本では一般的にスパイス入りの甘いミルクティーをチャイと呼んでいますが、本来スパイスが入ったチャイは「マサラチャイ」(マサラ=スパイスミックス)のことを指し、ミルクが入らないものもあります。

ミルクで煮出すチャイはコクがあってまろやかでおいしいですが、ミルクなしのチャイもすっきりしていて夏場にはとくにおすすめなんですよ。

チャイに使われるスパイスは?

チャイに使われるスパイスは主に、シナモン、カルダモン、クローブなど。とはいえ、とくに決まりがあるわけではなく、ジンジャーやナツメグなど好みで自由に組み合わせても大丈夫です。

これらのスパイスには身体を温める作用や殺菌作用のあるもの、お腹を整える作用のあるものが多く、寒い時期にはもちろん、免疫力を高めたいときにもおすすめ。

たとえば、シナモンには血行を改善させ身体を温める効果や、カルダモンには消化を助け、お腹を整える効果や口臭を抑える効果、クローブには強力な鎮痛効果や抗菌効果、さらにメンタルを安定させる効果も期待できます。また、これらのどのスパイスにも抗酸化作用があると言われています。

せっかくならいくつか組み合わせて、香りも作用も相乗効果を期待したいですね。

おうちごはん編集部もチャイレシピをご紹介!

おうちごはんでもちょっと贅沢な本格チャイティーの作り方を動画でご紹介しています。
ぜひチェックしてみてくださいね!

・水……400ml
・セイロンシナモン(スティック)……1本
・カルダモン(ホール)……4個
・クローブ(ホール)……4個
・茶葉(アッサムまたはセイロン)……ティースプーン4~5杯
・砂糖……30g~
・牛乳……400ml

1. 水と4等分に折ったシナモン、軽く砕いたカルダモン、クローブを鍋に入れて火にかけ煮立たせる。
2. 香りが立ったら、茶葉を入れ、火を止めて2分おく。
3. 砂糖と牛乳を入れて火にかけ、沸騰直前で火を止める。
4. ヘラで軽くかき混ぜてから茶葉を漉し、カップに注いでできあがり。

みんなのチャイの楽しみ方は?チャイアレンジ5選

【1】アッサムCTCでチャイの本場インド風に!

チャイをいれるときは、「CTC紅茶」と呼ばれるゴマ粒のように丸まった茶葉を使うと、本場のように色も味も濃いチャイを楽しめます。

@n_mai9290さんは、ミルクと相性の良いアッサムCTCの茶葉を使い、水と牛乳の割合を1:2に。お砂糖もたくさん入れて、本場インドで飲むように甘~いチャイにして楽しんでいました。
もちろんCTCがなくても、おうちにあるアッサムやセイロンのティーバッグの茶葉を濃く入れるだけでも十分おいしくいただけます。

【2】フェンネルベースで胃腸を整えるチャイ

おうちに何種類かスパイスがある人は、体調に合わせてスパイスを変えてみるのもおすすめ。
@peachiheamさんは、胃腸の調子を見て、消化を助け胃を強くするといわれているフェンネルをベースにブラックペッパー、ドライジンジャー、バニラビーンズを使っています。フェンネルやバニラの甘い香りって幸せな気持ちにしてくれますよね。

【3】杏仁の香り漂う、杏仁シノワチャイ

お気に入りのエッセンスを加えて香りを楽しむチャイも。
ティーサロンを営む@gallery_sstyleさんが教えてくれたのは、杏仁の香りが漂うオリエンタルなチャイ。アッサムCTCと中国の銘茶キーマンの茶葉をブレンドして手鍋で煮出し、同量の牛乳を入れ、沸騰手前で火を止めます。お好みでお砂糖とアーモンドエッセンスを落とせばできあがり。
アーモンドの香りと杏仁の香りは似ているので、まるで杏仁豆腐のような良い香りが漂います。スタイリングもシノワズリ=東洋趣味で統一されていて素敵です。

【4】ルイボスティーでノンカフェインチャイも

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ