無料の会員登録をすると
お気に入りができます

歴史を一望できる絶景スポットもOPEN!「広島」に行くべき理由とその魅力♡

オバマ氏の訪問、カープ25年ぶりの優勝――2016年、確かに“記憶に残る都市”となった広島。そんな広島の1年を振り返り、魅力をお伝えします。2017年の旅行は、ぜひとも広島へ♡カープはなぜ人の心を惹きつけてやまないのか。オススメのスポットも合わせて紹介します。

2016年12月
旅行・おでかけ

2016年。振り返ればそこに「広島」

今年ももう終わり。どんな一年でしたか?

振り返れば、今年一番記憶に残る都市になったのは「広島」と言っても過言ではないかもしれません。印象的な出来事がいくつかありました。

オバマ氏の広島訪問

何と言っても、5月27日。

第44代アメリカ合衆国大統領のオバマ氏が広島を訪問。原子爆弾を投下したアメリカの大統領が、被爆地広島に……。歴史的な出来事でした。

「おりづるタワー」誕生

9月23日。原爆ドームの東側、平和記念公園のとなりに新たな観光名所も誕生しました。地下2階、地上14階のこのビルの見どころは、なんといっても展望スペースです。

12階には、このタワーの象徴とも言われている“おりづるの壁”があったり、おりづるを折る「ワークショップ」が用意されていたりと、楽しめる要素が満載。

世界中の人と「おりづる」を結びつける場所として新たな価値が生まれ始めました。

「おりづるタワー」公式サイト
「おりづるタワー」Instagram

祝!広島東洋カープ25年ぶりの優勝

9月10日。広島東洋カープが25年ぶりにセ・リーグ優勝を決めました。

多くの人に感動と勇気を与え、その経済効果は331億円にもなると言われています。2試合連続のサヨナラホームランを打った鈴木誠也選手に対して緒方監督が発した「神ってる」という言葉は、流行語大賞も受賞しました。

記事に関するお問い合わせ