無料の会員登録をすると
お気に入りができます

バカ売れ調理家電にミニ誕生! しかも“ひとり晩酌”仕様に進化しているって?

インテリア

検証結果1:仕様

内鍋はコーティングはされておらず、水位表示はMAXのみです。蒸し用パーツとまぜ技ユニットは取り外しOKでした。

検証結果2:調理機能

▼ポークカレー

たっぷり6人前の量でもまぜ技ユニットがしっかり機能してくれます。肉も野菜も柔らかく、煮くずれもなくできました。

▼さばの味噌煮

汁が煮詰まりすぎていて、味が濃いめに仕上がりました。身は少し硬めですが十分な美味しさです。

▼ごはん

1.6Lと同じく普通に美味しく炊き上がります。ただし、内鍋についたごはんを取るのがちょっと面倒でした。

一人用はさらに進化!“同時調理”で便利になっていました

今回、3サイズを検証して分かった大きな違いは「量」で、どれもおいしく仕上がりました。注目が集まる「1.0L」は、なによりも2段調理ができるというのが2サイズにはない魅力。無線LAN機能も搭載されていて、メニュー数が増やせるのは大型モデルと同様です。

ボタン一つで飲茶とスープ、枝豆と肉豆腐など、2品同時に作れるので、料理が苦手でも簡単に毎日の献立を充実させることができます。待望の一人用は“時短の救世主”と言えるでしょう!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ