無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ストレスフリー!狭い部屋でもイライラしないコツ5つ

インテリア

ものはものを呼びどんどん散らかるもの。郵便物はすぐに開封して仕分けする意識を持つことで、事前に散らかりを防止します。わが家はダイニングテーブルで子どもが勉強したり私が作業したりと、ダイニングの役割が多いです。なのでテーブルの上はいつもものが置かれがち。なので努めて郵便物は置かないようにしています。ダイニングテーブルが散らかっていると、スムーズにご飯の配膳ができませんよね。これってとてもストレスですよね。

4:床にものを置かない

これはどんな部屋にも言えることですが、床置きしているととにかく掃除するまでのハードルが高いです。掃除機が簡単にかけられる部屋にしておくことが目標です。部屋が狭い場合は、床置きしていると部屋が雑然とするスピードが急加速。ものを避けて通ったりぶつかったりと身体的なストレスがかかってしまいます。
床に放置されがちなカバン、衣類など。毎日使うものほどきちんと置き場所を決めて置くことが、散らからないポイントです。

5:好きなインテリアを飾る

部屋が片づくとインテリアやグリーンを飾りたくなります。自分にとっての癒しのアイテムを置くと、家がもっと好きになります。狭くても部屋にいる時間が楽しくなり、家時間をもっと楽しめるように。しかし飾りすぎはNG。掃除の手間もかかりますしゴチャゴチャに見えます。自分のお気に入りを厳選して、癒しのスペースをつくってみてください。お気に入りスペースは散らかりにくい効果もあるんです。

いかがでしたか。
ノンストレスな部屋で日々の暮らしをもっとスムーズに。季節の100均アイテムでも切り花でも、自分の癒しを感じられるお部屋は居心地がいいものです。狭くても家族がいてもノンストレスなお部屋はつくれますよ。

◆記事を書いたのは…mioko
狭小住宅3階建てに住む整理収納大好き!11歳と6歳の女の子のママ。
狭いスペースですっきり暮らすコツ、オススメ収納グッズを使った整理収納術をご紹介。

サンキュ!STYLEライター「mioko」記事一覧
Instagram
ブログ「都内狭小3階建てのシンプルライフ」

※ご紹介した内容は個人の感想です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ