無料の会員登録をすると
お気に入りができます

心も体も傷つけるブラック彼氏。「隠れDV男」の見抜き方6選

見た目や話し方が穏やかそうで、優しそうな人だと思っていたのに実は女性に暴力を振るったり、精神的に傷つけるDV男だった、なんていうことがあります。そんなブラックな彼氏の見抜き方を知っておきましょう。

2017年1月
恋愛・結婚

優しそうなのに、実はDV男だった?

ブラック彼氏の特徴を知っておくべし

優しそうなのに、付き合ってみたら暴力を振るう人だった。しかも、ちゃんと好きになって、信頼関係を築いてからの暴力だから、逃げるに逃げられない状態になってしまうこともあります。

そんな一見ステキな男性に見えて、実は裏の顔を持っている人のことを「ブラック彼氏」と言うそうです。そんな「隠れDV男」の見抜き方を知って、前もって危険から遠ざかりましょう。

1.何でも詮索したがる

行動・言動を全てチェック

彼女にメールや電話が来て「誰から?」、昨日は出かけていたという話をしたら「どこに?誰と?なんで?」。普通の会話のようにも思えるけど、DV男性はそれを毎回、そして深く詮索したがるそうです。

相手が男性だとわかると一大事。彼女は自分の所有物だと思っているので、一瞬でも時間を奪われているのが嫌なのです。勝手に裏切り認定してDVしてくることも…。あまりにも詮索しすぎる彼氏には気をつけて。

2.車の運転が荒い

同乗者としてもパートナーとしてもハラハラ…

車の運転が荒い男性には要注意です。たとえば渋滞でイライラしだす、遅い車があるとクラクションをならす、どんどん抜かしたがる、自分の思う通りの運転にならないと「あの車が邪魔だな」と威圧的な口調になる…。

unsplash.com

物事が自分の思う通りに進まないと暴力的になるという性格が垣間見えているのです。人間関係でも同じで、思い通りにならないと手をあげる男性かもしれません。

3.真面目なのに転職が多い

恋人にも自分のこだわりをゆずらない

とても真面目そうに見えるのに、職を転々としている男性。全ての人がそうだとは言いませんが、実はDVな男性だという場合もあるのです。自分の正義感と合わないと職を変えたり、頭を下げるのを異様に嫌ったり…。

unsplash.com

自分にも他人にも厳しいので人間関係がうまくいかず、すぐに会社をやめてしまうのです。そのストレスから暴力を振るう男性もいるので気をつけましょう。

4.「愛してる」を免罪符にする

ものすごく甘えん坊になる

暴力を振るう人というのは、実は気が小さい人。言葉でどうにもできない、自分の思い通りにならない、それが嫌だから暴力で従わせようとする寂しい人なのです。

情緒不安定で暴力を振るったかと思えば「ごめんね」「愛してるからね」と言って甘えてきて、それを受け入れてしまうと共依存になることもあります。異常に甘えん坊で喜怒哀楽が激しすぎる人にはご注意を。

5.店員さんへの態度が偉そう

苦情を言ってスッキリしてたらOUT

彼女には優しくても、店員さんへの態度が威圧的な男性っていますよね。延々と文句を言い続ける彼氏を見て、正直恥ずかしい気持ちにもなりますし、そんなに怒らなくても良いのにという本音もあるでしょう。

店員さんへ苦情を言いまくる男性はDV男の傾向ありです。自分のなかで許せないことがあるとプチッと切れて、タガが外れたように文句や苦情を言いまくります。

つまり、彼女に対しても自分の正義に反することがあれば、いつでも攻撃的になる可能性があるということなのです。

6.子供をたくさん欲しがる

家族だけは自分の味方と支配下に

傾向としてDVをする男性は子供をかなりたくさん欲しがるようです。自分にも他人にも厳しくて社会にはあまり自分の味方がおらず、せめて味方でいてくれる家族だけは多くいてほしいと思うのかもしれません。

それだけ女性を求めるということ。自己満足で女性の意思は関係なく始めようとします。求められすぎて体力的にも精神的にもつらい、という女性も多いようです。

あなたを大切にしてくれる人と恋愛をして…

DV男は暴力を振るったり女性を傷つけながらも「愛してる」と言います。本音なのでしょうが、あなたを大切にしてくれない人の愛情は“愛”なんかではありません。自分を肯定するための材料に過ぎないのです。

上記のような特徴を感じて、本当にDVしてくるような男性とは離れて、本当にあなたを大切にしてくれる人との恋愛を始めましょう。

記事に関するお問い合わせ