無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ネットから少し離れてみない?今こそ始めたいデジタルデトックスのすすめ

今はスマホがなければ生きていけない、なんて人も少なくはありません。気がついたらスマホやパソコンをいじっているデジタル依存になっていませんか?そんなあなたへ、デジタルデトックスのすすめです。

2017年1月
ライフスタイル

もしかして私ってデジタル依存?

デジタルの世界からフリーになってみない?

今や誰もがスマホやパソコンを持っている時代。ただ使っているだけでなく、デジタル依存にはなっていませんか?たとえばSNSの「いいね」やコメントが気になるなど、他者からの承認欲求で満たされたかったり…。

unsplash.com

誰かが楽しそうな投稿をしているともやもやする、寝たいのにネットサーフィンがやめられない。それはすでに依存している可能性大です。そこでデジタルの世界から抜け出すデトックスを始めましょう。

日々の生活でデジタルをブロック

アプリやブックマークを最低限にする

スマホのアプリやパソコンのブックマークなど、常に見るというページがいくつもありませんか?よく考えると必要のないものは削除してしまいましょう。

unsplash.com

デジタル環境を最低限にすれば、四六時中使ってしまうということもなくなります。

SNSの通知をOFFにする

仕事中でも休みの日でも、スマホが振動すると思わず見てしまう人はいませんか?SNSの通知があると即動いてしまう人はデジタル依存かもしれません。

スマホを開いてから、また元の作業に戻ろうとしても集中力はなかなか戻らないそうです。作業効率が悪くなってしまいますよね。そこでSNSの通知はOFFに設定しましょう。自分が見なくても世界は回るものです。

ながらスマホをやめる

食事をしながら、歩きながら、テレビを見ながら。ついスマホをいじってはいませんか?食べながらだとスマホに集中して早食いになったり、味が濃くても気づかなかったり、太る要因になってしまうこともあるそうです。

unsplash.com

歩きながらは事故になるなど危険です。テレビをみながらだと複数のスクリーンを見ることで脳がハイになり、薬物使用と同じような状態になって脳が破壊されてしまう可能性もあると言われています。

作業にながらスマホは排除して、その物事だけに集中しましょう。食事はしっかり味わえますし、歩くことで体への意識も高まり、テレビも純粋に楽しめます。

スマホの電源をOFFするとき

就寝1時間前にOFFで熟睡モード

ベッドに入ってスマホをいじってつい寝る時間も忘れてしまった、なんてことはありませんか。スマホのブルーライトを見ていると覚醒作用があるので、目が冴えてしまうそうです。

睡眠不足は体や心の不健康にもつながります。寝る1時間前にはスマホの電源をOFFにしたり機内モードにして、寝るための体の準備を始めましょう。いつもよりぐっすり眠れるはずですよ。

通勤時間は本や景色に集中してみて

通勤時間もついスマホでSNSのチェックやアプリで遊んだり、電子書籍を読んだりしている人もいるでしょう。無意識にスマホを開いてしまう癖があることこそ、デジタル依存の始まりなのです。

通勤中はスマホの代わりの本を読んだり、景色を眺めたりしませんか?どうしてもスマホをいじってしまう人は、カバンの奥底にしまっておくことをおすすめします。

旅行もアナログで楽しんで

旅行にでかけるとつい「いいね」が欲しくて、観光スポットや食事するときにスマホで撮影したりSNSに投稿したりしていませんか?連絡用に持っておくのはOKですが、それ以外は電源をOFFにしてみましょう。

スマホのカメラからではなく、肉眼で見て、聞いて、感じてみるのです。写真に残らなくても心の中に思い出として残ります。その“瞬間”を実感することで、楽しみをきちんと体感できるのです。

unsplash.com

リゾート地を展開している「星のや」では脱デジタル滞在というプランを提供しています。軽井沢で自然を満喫したりレジャーを楽しんだり温泉で癒やされたり、心も体もリフレッシュできそうです。

「星のや」脱デジタル滞在

スマホはおうちでお留守番

スマホを持たずに散歩してみる

スマホを持たずに出かけるというのは、この時代ではなかなかハードルの高いチャレンジですよね。まずはそこまで散歩を必要としない散歩から始めてみましょう。知らない道を歩けばちょっとした旅行気分にもなります。

unsplash.com

スマホで先回りしてルートの情報を得ず、何も知らずに踏み入れればちょっとした場所でもわくわくできます。情報に左右されず感じたままにスポットを満喫できるでしょう。

図書館で1日本を読む

スマホは家に置いて、1日を図書館で過ごしてみませんか?お金もかからず存分に楽しめるスポットです。ジャンルごとに分かれているので自分が好みのジャンルで気になる本を探して、じっくり読んでみるとか。

逆に全く知らないジャンルの本を読んでみると新たな発見がありそうです。絵本コーナーに訪れると子供のときを思い出して懐かしい気持ちになれます。1日をアナログに過ごすことで心も豊かになりそうですね。

デジタルデトックスを続けるコツ

“適度”に我慢すること

最初はスマホがなくてイライラするかもしれません。でも、続けるとだんだんと慣れてきます。久しぶりにスマホやパソコンを見てもそこまで楽しくなくなれば、デジタルデトックスの完了です。

unsplash.com

ただし、いきなり全てを遮断するのは難しいでしょう。なのでまずは決まった時間だけスマホを見るのはやめる、など適度に我慢することから始めるのが続けていくコツです。

スマホの代わりを探す

たとえば通勤時間はスマホのアプリをやっていたのに、何もなくなったらつまらないですよね。それなら本を読むなどスマホの代わりになることを探しましょう。

unsplash.com

休日に何もないなら新しい趣味を探すとか、仕事の休憩時間はスケジュールの整理をするとか。スマホが空いた時間をやってみたかったことに有効活用してみましょう。

難しそうならSNSで宣言しよう

デジタルデトックスをやってみたいけど意志が弱くて続けられるか心配…という人は、SNSで宣言しましょう。「今日から〇日間スマホは使いません」なんて言うように。

unsplash.com

あえてデジタルで宣言してから、デジタルをシャットアウトするわけですね。周りから見られているという気持ちがあると、頑張って続けてみようという気持ちにもなれますよ。

いろんな価値を見直す時間に

デジタルデトックスをすることで、その分の時間の余裕ができます。それを別のことに費やすことで、いろんな物の価値に気づくことができるでしょう。

SNS疲れしていたりデジタル依存になっている方は、一旦離れるためにデジタルデトックスをしてみませんか?

記事に関するお問い合わせ