無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

コロナ禍で生まれた新習慣!「家事や掃除にひと手間加えていること」

新型コロナウイルスの影響によって、私たちの生活はどう変わった?今回、ロカリ編集部が「新型コロナウイルスの影響による日常生活の変化や困りごと」を調査(回答数:2万5315)。アンケートに届けられた読者の声を配信していきます。

ライフスタイル

都内の電車に乗ると窓が開いているのをよく見かけますが、自宅でも積極的に換気をするという人が多いよう。さらに、専用のグッズを用いて空間除菌をしているという人たちも。使用方法によっては体への悪影響が懸念される製品もあるようなので、使用には十分注意したいですね。

ウイルス対策でおすすめのアイテム

rclassenlayouts / Getty Images

「カビキラーのアルコール除菌!ワンプッシュで適量出てきて、240回使える!」

「スプレーのウイルスブロック。マスクよりも効果的な気がします」

「パストリーゼ。アルコール濃度も高く、食品にかかっても安全なものなので、よく使っています」

「手をかざすと出るハンドソープ」

「ノロキラーSは、子供のオモチャなどの殺菌にも使えるので、ハイターを薄めたモノよりかは安全だと思います」

「次亜塩素酸より除菌効果があると言われているアロマで気分的にリラックスする事」

「ユーカリの精油がいいという記事をみて、マスクにつけています」

一番多く挙がっていたのは、口に入っても大丈夫な成分で作られている除菌スプレーでした。具体的には、「パストリーゼ77」と「ジェームズマーティン フレッシュサニタイザー」が人気のよう。これなら、キッチン周りでも使いやすいですね。

消毒グッズが手に入らない場合は?

show999 / Getty Images

「アルコールが手に入らないのでハイターを薄めた物で拭いたりしています」

「アルコール消毒液がないので、ファブリーズをしています。掃除のときは手袋、マスクをして掃除をこまめにしています」

「次亜塩素酸ナトリウムを希釈したものでふいている」

「ドアノブの除菌、洗濯物にティーツリーオイルを入れたりしています」

「帰宅後の手洗い、うがいは必ず。アルコールがなかなか手に入らないので、家事前と後の手洗いで、頑張ってます」

「アルコールティッシュが不足しているときは、キッチンペーパーを適当な大きさに切り、アルコールスプレーなどで湿らせて密閉容器に入れておくと、拭き掃除・他の消毒などに気軽に使える」

以前と比べると品薄状態も解消されつつあるようですが、未だ手に入りにくいアルコール消毒液。家庭用漂白剤を薄めて使うなど、代わりの物で除菌しているという声も多く聞かれました。なお、漂白剤を薄めても手指の消毒には強すぎるので注意が必要です。

記事に関するお問い合わせ