無料の会員登録をすると
お気に入りができます

みんなのいいね!いただきます♡インスタグラマーみたいな写真を撮る8つのテク

お気に入りのコーディネートをアップしたいのにうまく撮れない、という人必見!すぐマネできる簡単なテクニックを教えます。

2017年1月
ライフスタイル

インスタグラムのいいね!が欲しい♡

お気に入りのコーディネートをアップしたいのにどうしてもかっこよく撮れない…なんてことありませんか?

Media?size=l
instagram.com

実はほんの少しの工夫だけで、誰もが目を引く一枚を取ることが出来るんです。すぐにマネできる簡単なテクニックを8つご紹介します。

全身コーディネート編

①ラフな背景でオシャレっぽく

まず押さえておきたいのは、レンガ壁やコンクリートの打ちっぱなしなど、ちょっとラフな背景で撮る方法。英文字などが入った壁も効果的です。

Media?size=l
instagram.com

綺麗な背景よりも趣のある背景を選ぶことがポイント。同じコーディネートでもクールに見えるのでおすすめです。

②着こなしと背景はコントラストを

オールホワイトに真っ白の壁ではせっかくの着こなしが壁に馴染んでしまいます。

Media?size=l
instagram.com

パッと見て目に付くのは、着こなしがはっきりとしているもの。着こなしが映えるような計算しつくされた背景を選ぶことも大事です。

ポージングに悩むあなたに捧ぐ3つのテク

素敵な背景を見つけても何となく真ん中に立つのではNG。撮影の構図やポージングはをひと工夫してみましょう。ポージングに悩む人へおすすめのポーズもご紹介します。

③左右に寄せてうつむいて動きを

うつむき加減や真横を向いたポージングもカッコイイを演出するのに欠かせない要素です。

Media?size=l
instagram.com

また、左右に寄せて大胆に空間を生かせば、抜け感たっぷりのオシャレな雰囲気に仕上がります。

④顔を見切る方法も

Dummy error 300x300
instagram.com

不自然な笑顔になってしまうなら、顔を見切る方法も。インスタグラムでの顔出しに抵抗のある人が多いのも事実。この方法で着こなし画像をアップしている人が大多数です!

⑤サングラスで顔隠しも効果的

Media?size=l
instagram.com

サングラスで顔隠しする方法もオシャレ度が高く、表情が分かりにくいのでスタイリッシュに見えるpic。変にポーズして顔を隠すよりも自然な雰囲気を作れます。

顔アップ編

例えば美容院に行った日のpicを素敵に撮るなら、「ハイチーズ」のようなカメラ目線は厳禁!もっともポイントにしたい箇所だけを取り入れ、他のパーツを大胆に見切ることでインパクトのあるpicが撮れます。

⑥大胆に見切る

Media?size=l
instagram.com

余計な情報は一切入れず、メインにしたいポイントだけを切り取るようにすれば、ワンランク上の写真が撮れます。この画像からは、髪を切った細部のディテールがよく伝わりますね。

Media?size=l
instagram.com

顔のアップは後ろを向いて顔を隠すのも一つの手段。ヘアアレンジを残しておきたいなら、ヘアアレンジが映えるようなシンプルな着こなしに時計やアクセサリーを添えた手を入れるとよりいい雰囲気の写真に。

手元&足元編

インスタ有名人がこぞってアップしている手元倶楽部&足元倶楽部。アップしたい手元&足元をより素敵に見せるためには、小物を少しずつ盛ることがコツです。

⑦手元はネイルやアクセで華やかに

Media?size=l
instagram.com

手元はネイルやアクセで華やかにし、可愛い小道具をトッピングすることがポイント。こちらはホワイトのバングルに合わせたニットやパールのリングがさわやかでありながら、黒小物を合わせてスタイリッシュな印象に。

Media?size=l
instagram.com

わかりやすい冬っぽさを演出したいなら、毛足の長いアイテムと一緒に撮ること。ニットやフワフワのマット、バッグなどを持てば、それだけで冬っぽさ満点のネイルに♡

⑧足元は服やアイテムを入れて盛る

Media?size=l
instagram.com

足元は全身の時と同様に、味のある背景を活用するのが◎。少し服を入れたり、絵になるもの(ここではアイスコーヒー)に触れて表情を出すとグッと目を引くカッコイイ写真が撮れます。

みんなのいいね♡をいただきます

Media?size=l
instagram.com

人気インスタグラマー達が実際に実践している8つのテクニックをご紹介しました。表情が硬い、動きがない…どうもうまく撮れない人はぜひ参考にしてくださいね。

記事に関するお問い合わせ