無料の会員登録をすると
お気に入りができます

恋が終わらない秘訣♡長続きする男女のたった一つの掟

夫婦もカップルも、関係を長続きさせるためにあれこれ考える必要はないのかもしれません。大切なのはたった一つ。コミュニケーションを工夫することだけなんです。

2017年1月
恋愛・結婚

仲良しカップルに共通する1つのこと

価値観が多様化している現代では、恋愛や幸せのかたちも人それぞれ。正解は1つではありませんよね。しかし、ずっと仲が良いカップルには共通している点があります。

www.pexels.com

それは、コミュニケーションが上手くいっているということ。お互いが思っていることを素直に伝えるというシンプルなルールを守るだけで、幸せな恋愛を長続きさせることができるんです。

一見簡単そうですが、自分の感情を素直に表現することを苦手としている人は意外と多いのではないでしょうか?そこで今回は、彼とのコミュニケーションがよりスムーズになる5つのコツをご紹介します。

①沈黙は上手く使い分けて

大好きな彼とは、何も喋らず同じ部屋で過ごすだけでも安らぎますよね。こういった沈黙は仲良しカップルにとって不可欠ですが、喧嘩をしたときの沈黙は全く違う効果をもたらしてしまいます。

確かにあなたがずっと黙っていれば、相手は機嫌を取ろうとしてくれるかもしれません。しかし「何を考えているかわからないけど、とりあえず仲直りをしておこう」と思われても、問題が解決できたとは言えませんよね。

www.pexels.com

こうして喧嘩の原因を曖昧なままにしておけば2人の間に溝ができたり、同じような内容で喧嘩を繰り返すことになってしまいます。言いにくければメールで伝えるなどして、言いたいことを我慢するのは避けましょう。

②自分の感情は自分だけのもの

彼に対して何か不満があれば正直に伝えるべきですが、「あなたのせいでイライラする」などと言うのはNG。あなたの気持ちはあなただけのもの。誰かのせいにすべきではありません。

「あなたのせいで~」というフレーズは相手が100%悪いというニュアンスを含んでいるので、どうしても喧嘩腰に聞こえてしまいます。この一言で雰囲気が悪くなれば、彼も言い返したくなるかもしれませんよね。

無駄な喧嘩を避けるために、「あなたが〇〇と言ったとき私は悲しくなる」という風に相手のどんな点に不満があるかを具体的に伝えておきましょう。彼の言動全てが不快なのではないと強調しておくことがポイントです。

③不満はサンドイッチ式で伝えて

彼と顔を合わせた途端に不満をぶつければ、険悪ムードになるのは当たり前です。言いにくいことを伝えるときは、ビジネスでもよく使われる「サンドイッチ式話術」を利用してみましょう。

記事に関するお問い合わせ