無料の会員登録をすると
お気に入りができます

パーティーで大好評♡クラッカーと好相性なデザートディップのレシピ

クッキーを焼く前の生地や混ぜただけのチーズケーキは、そのまま食べてしまいたいぐらい甘くて美味しいですよね。この生地をアレンジして加熱せずに食べられるようにしたのが、「デザートディップ」。クラッカーにつけて食べると絶品なんです。

2017年2月
レシピ

クッキー生地をそのまま食べたい♡

クッキーを焼く前に、こっそり生地を舐めてみたくなったことってありませんか?バターとお砂糖の混ざり具合が絶妙で、これだけ食べても十分に満足できそうですよね。

とは言え、小麦粉を生のまま食べるのはもちろんNG。クッキーのレシピを少しアレンジして、絶品ディップソースを作ってみましょう。

クッキーディップの作り方

材料

溶かしバター110g
黒砂糖65g
クリームチーズ225g(室温に戻す)
粉砂糖30g
バニラエッセンス小さじ1
チョコチップ80g
塩ひとつまみ

混ぜるだけで完成!

溶かしバターと黒砂糖を合わせてから、クリームチーズと粉砂糖を加えて滑らかになるまで混ぜます。仕上げにバニラエッセンスとチョコチップ、塩を加えてさらに混ぜれば完成です。

www.delish.com

できあがったクッキーディップはボウルなどに入れて、プレッツェルやクラッカーと一緒に盛りつけましょう。甘いディップと塩気のあるクラッカーの組み合わせは最高です!

さらに甘くしたいときは、チョコチップの代わりに砕いたオレオなどお好みのクッキーを混ぜてみてくださいね。

カロリーを抑えてヘルシーに♡

yurielkaim.com

甘いのは好きだけどカロリーが気になる...というときは、ひよこ豆などの豆類を使ったヘルシーレシピがおすすめです。チョコチップもできるだけ高カカオのものを選ぶと、さらにベターですよ。

材料

ひよこ豆や白花豆などお好みの豆類425g
ココナッツオイル小さじ2
バター(ピーナツバターでも◎)55g
ハチミツまたはメープルシロップ60ml
バニラエッセンス小さじ1
チョコチップ80g

こちらのレシピではさらにプロテインパウダー大さじ2も加えていますが、省略しても大丈夫です。

フープロがあればあっという間!

チョコチップ以外の材料をフードプロセッサーで滑らかになるまで混ぜます。最後にチョコチップを入れて、全体をざっくりと混ぜましょう。クラッカーではなくリンゴにつけて食べれば、さらにカロリーオフできますよ。

チーズケーキをディップに♡

チーズケーキと言えば、クリーミーなチーズと土台のサクサクしたクラッカーが相性抜群ですよね。ケーキの形にせずにディップソースにしても、同じぐらい美味しいんです。

材料

クリームチーズ225g(室温に戻す)
溶かしバター110g
砂糖150g
黒砂糖大さじ2.5
バニラエッセンス小さじ1
イチゴジャム適量

パフェみたいに盛りつけて♡

室温に戻したクリームチーズとバターを滑らかになるまで混ぜたら、2種類の砂糖とバニラエッセンスを加えてさらに混ぜます。

冷蔵庫で1~2時間冷やしてから、イチゴジャムと一緒に盛りつけましょう。砕いたクラッカーを加えると、さらにチーズケーキのような味わいになりますよ。

カボチャを入れてさらに美味しく♡

www.iheartnaptime.net

普通のチーズケーキでは物足りないときは、パンプキンチーズケーキにアレンジしてみてはいかが?茹でたカボチャとスパイスを加えることで、甘いだけでない深みのある味わいを楽しめます。

材料

クリームチーズ225g(室温に戻す)
粉砂糖125g
砂糖50g
茹でて潰したカボチャ170g
生クリーム240ml
シナモン小さじ1/4
オールスパイス小さじ1/2

トッピングを加えても◎

全ての材料を混ぜればできあがりです。キャラメルソースや砕いたナッツなどを加えると、さらに美味しくなりますよ。

食べ過ぎ注意な美味しさ♡

デザートディップは混ぜて盛りつければ完成なので、クッキーやケーキよりもお手軽にパパッと作れるのが魅力!塩気のあるクラッカーと合わせれば、手が止まらなくなるような美味しさです。ぜひ作ってみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ