無料の会員登録をすると
お気に入りができます

エアコン代が気になり始める季節到来…電気代を上手に節約しよう♡

節約・マネー

本格的に外の気温が上り始めたら、温度設定はエアコンで、風量の調節は扇風機でコントロールするのがおすすめ。扇風機によって冷たい空気を循環させることで、消費電力を大きく抑えることができます。

また、早く室内の温度を下げたいと思った時も設定温度を下げるよりも、風量を上げる方が効果的。扇風機で風量調整すれば、エアコンを使うよりも早く快適にお部屋を冷やすことができます。

温度は1℃高めに設定

Sorrapong Apidech / EyeEm / Getty Images

設定温度を1℃高くするだけで、約10パーセントほど節電ができると言われています。エアコンを使うときには、普段より1℃だけ温度を高く設定するように心がけてみましょう。

常に部屋の温度が一定になる工夫を

節電を目指すなら、部屋の温度を一定に保つようにするのが大切です。

monkeybusinessimages / Getty Images

実はエアコンのスイッチを入れた直後はが一番電力を消費しているので、短時間でエアコンをこまめにオンオフしていると、効果が裏目に出てしまう場合があります。

Porntep Lakkhanawimon / EyeEm / Getty Images

日中の1時間以内の外出であれば、エアコンをつけたままの方がお得という説もあります。また、カーテンを閉めて直射日光による気温の上昇を防いだり、冷暖房の効果をアップさせてくれるエコカーテンを併せて利用するのもおすすめです。

暑い夏にむけて準備開始!

今年の夏を効果的に節電しながら過ごすなら、今から準備を始めるべき!

fizkes / Getty Images

さまざまなアイディアを駆使してエアコン代の節電をめざしましょう!

※電力会社や設置の状態により異なります。

記事に関するお問い合わせ