無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「恋愛奥手女子」から卒業したい!堂々と恋をするための三原則

嫌われたらどうしようと思うと、なかなか恋愛に積極的になれませんよね。しかしいつまでも奥手なままでは心から恋愛を楽しめません。そこで今回は恋愛に奥手な女性が恋愛を楽しむためにできることをご紹介します。

恋愛・結婚

恋愛に臆病すぎて幸せになれない…

気になる人や好きな人はいても、臆病で一歩を踏み出せないという女性も多いのではないでしょうか。このままでは他の女性に取られてしまうとは思えど、うまくいかない…。そんな方が意識すべきことをご紹介します。

「私なんて…」から脱出する!

恋愛に消極的な方がまず脱出しなくてはいけないのが「私なんて」「どうせ」と卑屈になることです。必要以上に自分を卑下していては、幸せな恋は寄ってきません。

自信過剰な女性も問題ですが、卑屈はもっとNG!本当は自信がなかったとしても、卑下する必要はありません。自信がない人は、自分を認められない分他人の良さに気づきやすい面があります。優しさを活かして!

卑屈は百害あって一利なし

せっかく気になる男性と会話をしても、ネガティブなワードしか返せなかったとしたら男性側もつまらない気分になりますよね。上手く会話ができなかったら、あなた自身ももっと臆病になるでしょう。

必要以上の謙遜や卑下はやめて、たまにちょっとした弱みを見せる程度がモテの秘訣。基本的に口にだすのはプラスの言葉にするよう心掛けましょう。

失敗が怖い気持ちは逆手にとって♡

恋愛に奥手な方の多くは、人にどう思われるかをとても気にしています。他人から見たら些細なことでも、あなたは何年でも覚えていて後悔し続けている…。なんてことはありませんか?

大切なデートなのに盛大に転んでしまった・難しい言葉を言おうとしたら間違えてしまったなど、思い出すだけでも顔が赤くなってしまう出来事って誰にでもありますよね。そんなときは変にごまかさないのが吉です。

変にごまかさず、素直な態度で好感度アップ!

恥ずかしいときは「恥ずかしい」と言葉に出して思い切り照れてしまいましょう。素直な反応こそ彼にも可愛く写ります。ずっとひとりで後悔し続けるより、彼とその場で笑い合える失敗の方が楽しいですよね。

記事に関するお問い合わせ