無料の会員登録をすると
お気に入りができます

楽チン&おしゃれな“ワンマイルヘア”がちょい外出の役に立つ!

ちょっとそこまで…ってときの服装やヘアスタイルって結構見られているもの。ボサボサだと人目が気になるし、気合いを入れすぎなのもNG。スーパーやお散歩に出かけるときに使える、丁度いい“ワンマイルヘア”のテクニックをお教えします!

ヘアスタイル

楽チンな“ワンマイルヘア”ってどういう意味?

ワンマイルヘアとは、1マイル(約1.6km)ほどの近所へお出かけする際のヘアスタイルのこと。リラックス感はあるけどキチンとしている、コンビニやスーパーへ行くときにぴったりのスタイルです。

ヘアアクセを取り入れて簡単・華やかに印象チェンジ

ハイセンスなスカーフボニーテール

ポニーテールなどの簡単なスタイルでも、スカーフやヘアピンといったアクセを取りれるだけで格段にパッとします。こちらはポニーテールの結び目に薄手のスカーフを巻き、毛先まで一緒に三つ編みして縛るだけ。こんなに華やかなのに意外と簡単ですよね♪

ねじりがポイント!王道ハーフアップ

ハーフアップもちょっとしたテクニックで手の込んだ感じに。髪の上部をゴムでまとめたら、トップの髪をほぐします。仕上げはもみあげや顔まわりの髪をねじりながら後ろに持っていき、飾りピンで留めるのがキモ!普段からハイライトを入れておくと動きが出て良いですね。

留めるだけでサマになる!ヘアピンアレンジ

不器用さんでもサクッとできるちゃうのがヘアピンを使ったワンマイルヘア。軽くワックスかバームをつけ、前髪からサイドヘアまでねじりながらまとめてピンで留めるだけ。横顔も美しく見えます。

キチンと上品見せ!大人女子にぴったり編みアレンジ

眼鏡とも相性バツグンなツイン三つ編み

もう少し凝ったワンマイルヘアなら編みアレンジを取り入れてみましょう。髪をざっくり左右に分け、トップから編み込みもしくは三つ編みに。ゆるくほぐして、ギークなメタルフレーム眼鏡でハズすとおしゃれ。

編み込みもくるりんぱもナシ!“後ろ姿美人”ヘア

髪を上から3ブロックに分け、上の2ブロックを後ろで結びます。1番上のブロックの毛束を半分に割り、その下の毛束の下で1つに結んでほぐしていきます。これを繰り返していけば完成。詳しくはリンク先の動画でCHECK♪

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ