無料の会員登録をすると
お気に入りができます

横顔も可愛く♡冬コーデに似合う「バックキャッチピアス」をDIY

最近お店でよく見かける「バックキャッチピアス」を自分で作ってみませんか?前からだけでなく、どの角度からも耳元が可愛く見えますよ♡

2017年1月
DIY

トレンドピアスをDIY!

ふんわりしたニットとピアスの組み合わせは、冬ファッションに欠かせない王道コーデですよね。お気に入りのピアスにバックキャッチを合わせれば、前だけでなく横顔もさらに可愛く見えますよ。

上品で合わせやすいパールピアス♡

Pin it
ピンもと: ilycouture.com
1
8

まずは一番ベーシックな、パールが前後に2つ並んだデザインのピアスを作ってみましょう。シンプルでどんなファッションにも合うので、1つあると便利ですよ。

1つは持っておきたいシンプルピアス♡

必要なものはパールビーズ2個とピアス用キャッチ、細めの針金、接着剤、ペンチ、ニッパーです。接着剤をきちんと乾かしながら作業するだけで、簡単可愛いピアスができあがります。

連なったパールで華やかに

もっと耳元を華やかに見せたいときは、パールが連なったデザインにしてみましょう。ピアスキャッチの輪になっている部分に針金を通すだけなので、見た目よりも簡単に作れます。

フェミニンなお花をもっと可愛く♡

Pin it
ピンもと: creema.jp

シンプルなピアスをもっとフェミニンにしたいときは、お花が付いたキャッチがおすすめです。キャッチだけ作っておけば、お手持ちのピアスの印象を変えることができますよ。

ピアスキャッチ 丸皿 ゴールド

¥ 194

丸い台座の上にお好きなパーツを貼りつけるだけで可愛いピアスキャッチが作れる、便利なアイテムです。

商品詳細
ピアスキャッチ 丸皿 ゴールド
www.kiwaseisakujo.jp
商品詳細
Pin it
ピンもと: creema.jp

もしくは反対に、お手持ちのお花ピアスにコットンパールを付けたキャッチを合わせてもエレガントで素敵です。

zozo.jp

小さめのお花モチーフには、一番シンプルな形のパールキャッチを合わせる方がバランス良く見えます。

ファーキャッチでピアスを冬仕様に

www.partsclub.jp

冬のお洒落のマストアイテムと言えば、やはりファーアイテムですよね。ゴージャスなビジューとふわふわのファーを組み合わせたこちらのピアスの詳しい作り方は、下のリンク先をチェックしてみてくださいね。

ビジュー・バックキャッチピアスの作り方

少し春夏っぽいお花のピアスも、ファーキャッチを合わせれば冬にぴったりなアイテムになります。

Pin it
ピンもと: yesstyle.com
10
43

ファーピアスにチェーンを少し長めに垂らしたパールキャッチを合わせれば、上品でエレガントな印象です。

タッセルモチーフをさらにお洒落に

Pin it
ピンもと: etsy.com
1

秋冬ファッションでは定番モチーフの1つであるタッセルも、バックキャッチピアスにアレンジすればトレンド感が加わります。タッセルを手作りすれば、お好みのサイズに調節できますよ。

セロテープの上に乗せてから巻くだけ!

スウェードの紐(100均にもあります)を12本に切り分けて、セロテープの上に少しだけ隙間をあけて並べます。そのままセロテープを巻いてまとめたら、内側に接着剤を塗ったタッセルキャップに押し込みましょう。

タッセルパーツ キャップ金具 蓋 10個入

¥ 108

1個あたり10円とお得なタッセル用のキャップ。上のリング部分に丸カンを通してからチェーンを繋ぐだけで、ピアスだけでなくネックレスやブレスレットなども作れますよ。

商品詳細
タッセルパーツ キャップ金具 蓋 10個入
store.shopping.yahoo.co.jp
商品詳細
Pin it
ピンもと: etsy.com
1

もっと存在感が欲しいときはタッセルを長めに作るだけでなく、大きめのビーズと合わせてみましょう。できあがったパーツをキャッチと合わせれば、個性的なピアスのできあがりです。

軽くて上品なリボンピアス♡

www.kiwaseisakujo.jp

できるだけ軽くてお洒落なピアスにしたいときは、リボンがお役立ち!キャッチにギャザーを寄せたリボンを縫いつけたこちらのピアスは、着けると耳元が可愛く見えますよ。

クリスタルパールとギャザーリボンの2WAYピアス

キャッチにオーガンジーリボンを結びつけた簡単アレンジなら、時間がなくてもパパッと作れてしかもキュートなんです。

簡単DIYで耳元を華やかに♡

5-fifth.com

お手持ちのピアスをイメチェンしてくれるバックキャッチは、耳元のお洒落がマンネリ化しているときにもぴったりです。今年の冬の耳元のお洒落は、DIYで楽しんでみませんか?

記事に関するお問い合わせ