無料の会員登録をすると
お気に入りができます

見た目も味も文句なし♡乙女なお菓子「ボンボン」が大人気らしい!

「ボンボン」という砂糖菓子をご存じですか?SNS映えもいい、見た目もかわいくて味も大人でおいしいお菓子なんです。ボンボンとはいったいどういうお菓子なのか、どういったボンボンが人気なのか、ご紹介します。

2017年1月
グルメ

見た目も味もステキな「ボンボン」

「かわいい」お菓子を知ってる?

Media?size=l
instagram.com

「ボンボン」という砂糖菓子が最近話題を集めているようです。味もおいしく、見た目もかわいいお菓子で、SNS映えもします。そこで「ボンボン」はどんなお菓子なのか調べてみました。

「ボンボン」って何?

砂糖の殻に包まれたとろけるお菓子

ボンボンというのは砂糖の殻で包まれたお菓子です。外側はサクッとした食感で、口の中でほどけるようにとろけます。元々は中身がアーモンドのものだけでしたが、今はどんな具が入っていてもボンボンと言うそうです。

Media?size=l
instagram.com

砂糖がほんのり透けているような見た目で、キラキラとしていて美しいですね。色をつけると淡いカラーがふわっと浮き出て、彩りも良いです。

Media?size=l
instagram.com

現在は砂糖の代わりにチョコレートを使ったショコラ・ボンボンや、お酒を入れたウイスキーボンボンなどもあります。なかでも見た目がきれいでうっとりしてしまうようなボンボン菓子の商品をご紹介します。

宝石のような大人のお味

六花亭「六花のつゆ」

Media?size=l
instagram.com

六花亭は北海道帯広市に本社を構える菓子メーカーです。「マルセイバターサンド」など北海道のお土産として人気のあるお菓子を取りそろえています。

Media?size=l
instagram.com

そんな六花亭のボンボンは淡い色が美しく、花にきらめく朝露のようです。砂糖の薄い膜で香りの良いお酒を包み込んでいます。味は青がペパーミント、白がコアントロー、赤がハスカップ、黄色がブランデー。

Media?size=l
instagram.com

クリーム色が梅酒、赤紫がワインと大人な味わいがたっぷり詰まっています。サイズは大きいものからミニサイズまで。紅茶の砂糖代わりに加える、といういただき方もあるそうです。

「六花のつゆ」購入はこちら

カラフルキュートなおいしさを届けて

ピエトロ・ロマネンゴ「シュガーボンボン」

Media?size=l
instagram.com

ピエトロ・ロマネンゴというのはイタリアのジェノバにある老舗の砂糖菓子専門店です。コスメのようなかわいいパッケージに包まれたボンボンは見ているだけで幸せな気分になれそうですね。

Media?size=l
instagram.com

カラフルなボンボンはオレンジキュラソー、アニス、ローズシロップ、桃のリキュールなどで味付けをしてあるそうです。女子力が高まりそうなピンクのボンボンだけの商品もあります。味はローズで香りも豊かです。

Media?size=l
instagram.com

こちらの商品は代官山にあるNONNA & SIDHI SHOP(ノンナアンドシディショップ)で販売されているようです。気になる方はお店へGO!

「シュガーボンボン」詳細はこちら

本格的なお酒を堪能

ニッカウヰスキー「ニッカクリスタルボンボン」

Media?size=l
instagram.com

日本で初めてウイスキーを作ったニッカウヰスキー。宮城峡蒸留所のみ限定で販売されている「ニッカクリスタルボンボン」です。上品な箱に包まれていて、贈り物などにも良さそうですね。

Media?size=l
instagram.com

ピンク、青、緑、紫、白など中には5種類のリキュールが入っています。緑はメロン、ピンクはいちご、などだそうです。ウイスキーのお店のリキュール入りなのでおいしそうですね。

宮城峡蒸留所 詳細はこちら

やさしい甘みと香りがほんのり広がる

長崎堂「クリスタルボンボン」

長崎堂は大阪心斎橋に本店を構える老舗の和菓子店です。もとは長崎のカステラ作りから始まった歴史あるお店。そんな長崎堂の「クリスタルボンボン」は円形の美しい化粧箱に包まれています。

Media?size=l
instagram.com

ピンク、青、白のボンボンはどれも美しく、それぞれアニゼット、マラスキーノ、コアントローという3つの味があるようです。噛むとリキュールが溶け出して、口の中いっぱいに良い香りが広がります。

Media?size=l
instagram.com

現在オンラインショップでは取り扱っておらず、心斎橋本店と住吉店の店頭でのみ販売しているようです。気になる方は店頭までどうぞ。

「クリスタルボンボン」詳細はこちら

“和”な味わいがとろけます

俵屋吉富「京まいこちゃんボンボン」

京都にある老舗和菓子店の俵屋吉富。なんと江戸時代からの創業なのだとか。和風のボンボン菓子が人気のようです。「京まいこちゃんボンボン」は、京都の舞妓さんをイメージして作られたのだとか。

Dummy error 300x300
instagram.com

着物や花かんざしをイメージしたボンボンで、なかには日本酒やリキュールなどのお酒が入っているようです。かわいい見た目と大人のお味、まさに大人女子にぴったりの和菓子ですね。

見た目もかわいいから食べるのがもったいない!

Media?size=l
instagram.com

「リキュールボンボン京野菜」は京都で取れる野菜の形をしています。賀茂なすや金時にんじん、聖護院かぶなど。見た目が本当にかわいいので食べるのがもったいないくらいですね。

季節限定で四季を楽しんで

Media?size=l
instagram.com

季節限定でもいろんな種類のボンボンを提供しているようです。クリスマスには「リキュールボンボンジングルベル」。クリスマスツリーやプレゼントを入れる靴下、雪だるまなどがかわいいですね。

Media?size=l
instagram.com

2017年の新年を祝う「出世どり」には、卵とかえった雛、そしてにわとりがデザインされています。ほかにもバレンタインやひな祭り、ハロウィンなどのボンボン菓子もあるようです。

「ボンボン」詳細はこちら

見た目から余韻まで味わって

Media?size=l
instagram.com

さまざまなボンボン菓子をご紹介しました。涼やかで美しい見た目と、すっと溶けるような味わい、口に広がる香りまでおいしくいただけるお菓子です。

Dummy error 300x300
instagram.com

見た目から余韻まで、ボンボンを存分に味わってみませんか?

記事に関するお問い合わせ