無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ヒトは香りで恋に落ちる♡ 彼をその気にさせるアロマを使った「媚薬」レシピ

「恋に効くとっておきの香りがある」と聞いたら、片思い中の方は特に気になっちゃいませんか?恋の媚薬はアロマで簡単に作ることが出来るんです。片思いの方はもちろん、倦怠期のカップルにも効く、手作り媚薬レシピをご紹介します。

2017年1月
恋愛・結婚

自分だけの媚薬が作れるってホント?

媚薬とは、性的興奮を高める目的で使われるもので、別名「惚れ薬」とも呼ばれ、媚薬を使うと、異性への興味や関心が高まるなどの効果が得られると言われています。

普段から香水を付けていても、香りがすぐ飛んでしまったりキツい香りが苦手な時があったりしますよね。今回は、自分好みの香りを恋の味方にする方法をご紹介します。

香りは本能に訴えかけられる♡

人間の嗅覚は、本能行動や感情を司る「脳」にダイレクトにつながっていることから、密接に関係していると言われています。媚薬として作る場合は、精油の中でも催淫効果や女性ホルモンを活性化する精油を使うのがオススメです。

媚薬系の代表的なオイル

イランイラン、サンダルウッド、ジャスミン、ローズ、ネロリ、ブラックペッパー、クローブ、シナモン、コリアンダー、ジンジャー、クラリセージ、ベチバー、パチュリ、バジル、クミン、ローズウッドなど。

特に「イランイラン」は、男性にとって「もっとも女性らしい」と感じる香りなのでオススメ。また、ローズやジャスミン、ネロリは膨大な量の植物から少量の精油しか抽出できない高価なオイルです。

恋の媚薬を手作りしよう♡

用意するもの

・無水エタノール 10ml
・お好みの精油(数種類) 合計20~24滴
・ビーカー
・保存容器

作り方

ビーカーに無水エタノールを入れ、精油を加えたら、保存用容器に入れて軽く振り、冷暗所で1週間ほど保存したら完成です。

この香水は「トワレ」タイプなので、香りの持続時間は約2~3時間ほど。必ず1ヶ月以内に使い切るようにしましょう。

媚薬スプレーの作り方

もっと手軽に使いたいという方は、スプレータイプがオススメ。使う時はよく振ってからスプレーするようにしましょう!

30ml入りのガラスのスプレーボトルに、無水エタノール5mlを入れ、精油合計6滴以下を加えよく混ぜます。精製水25mlを入れれば完成!こちらは1週間以内に使い切ってください。

アロマのオススメの組み合わせ方

使用する精油は、2種類くらいはブレンドした方が、香りに深みが出ると言われています。どの香りを組み合わせたら良いか迷ってしまう方は、以下を参考にしてみてくださいね。

・イランイラン+ラベンダー
・ジャスミン+パチュリ
・ネロリ+フランキンセンス
・ローズ+オレンジ

自分だけの香りで彼を引きつける♡

精油で作ったフレグランスは、香水と違ってふわっと優しく香るのが特徴で、自分に近づいた人にだけ分かる香り。近い距離で良い香りを放って、意中の彼の心を奪っちゃいましょう。

記事に関するお問い合わせ