無料の会員登録をすると
お気に入りができます

見逃さないで!注意したい過労のSOSサイン

やりがいや生活の糧を得るなど、仕事は人生にとって大切なもの。でも、長時間労働で心身を病んでしまう危険とも隣り合わせです。そんな悲劇から家族を守るためのSOSサインについて紹介します。

2017年1月
ライフスタイル

身近な愛する人を守るには?

周りの人の早期発見が大切

収入源ややりがいなど、仕事は人生になくてはならないものです。一方で、長時間労働によって心身を病み、命の危機にまで追い込まれるケースもあります。そのような危険から、どうしたら愛する人を守れるでしょうか。

pixabay.com

誠実で責任感が強い人ほど、周りに心配をかけまいとして苦しみを一人で背負いこんでしまいがちです。そのため、近くにいる家族が、少しでも早く本人の発するSOSサインに気づいてあげることが重要なのです。

①イライラ、不安な様子がみえる

pixabay.com

それまで温厚だった人が、急にイライラし始めたら要注意です。何かにつけて家族に当たり散らすようになったり、ささいなことで怒るようになったら、異変の表れとみてよいでしょう。

②落ち着きがない、憂鬱そうである

Pin it
ピンもと: lookastic.com
10

長時間労働や、上司によるパワハラといったストレスが蓄積すると、心のエネルギーが消耗され、物事が楽しく感じられなくなります。それまで楽しんでいた場でも落ち着かず憂鬱そうな様子が見られたら要注意です。

③体の調子が悪そうで集中できない

pixabay.com

ストレスが重なると、やがて体の不調に現れます。急にお酒の量が増えたり、体が常にだるいなど、体調の悪さを訴えることに。さらには集中力を欠いて仕事でミスを誘発するといった、悪循環にも陥りがちです。

④いつも眠気に襲われている

pixabay.com

それまで規則正しい生活を送っていた人が、朝ぎりぎりまで寝ているようになった。それでも疲れが取れず、眠そうであるといったときは、連日長時間残業が続いていないか、悩んで眠れない状態でないか確認が必要です。

⑤やる気が出ず、疲れているようだ

身近な人が、仕事だけでなく、それまで好きだった趣味なども楽しめなくなってきていたら、注意が必要です。趣味が楽しめなくなることは、体調や睡眠、飲酒の量と並んで、チェックすべきポイントの一つなのです。

励まさずに相手に寄り添って

pixabay.com

パートナーが発する心身の危険サイン。これを早く発見することが、大切な人を守ることにつながります。少しでもおかしいと思ったら、安易に励まさず、相手の話に耳を傾けて、苦しみに寄り添う姿勢が必要です。

中央労働災害防止協会
記事に関するお問い合わせ