無料の会員登録をすると
お気に入りができます

無駄なく使おう!傷みかけ野菜の「見極め方」と「使い切りレシピ」第一弾

ライフスタイル

保存法:段ボール&新聞紙で常温保存

じゃがいもは日光に当たったり暖かかったりすると、品質が劣化するだけでなく、天然毒素が出てしまいます。暗くて涼しいところ、ただし冷蔵庫ではない常温の場所に置きましょう。

RBOZUK / Getty Images

段ボールに新聞紙を敷き、じゃがいもを入れて、さらに上からも新聞紙をふわっとかけましょう。風通しが良くなり、長持ちします。ただ、夏場は新聞紙でくるんで冷蔵庫の野菜室に保存するのが◎。

芽が出る、皮が緑、調理法次第でまだ大丈夫

じゃがいもの芽は食べてはいけないので、芽が出たら根っこから深く取り除きましょう。念のため皮も剥くのがベター。皮が緑になっているときは、深く皮を剥いてください。

悪臭、変色、カビがあったらアウト!

芽が出て、皮が緑になるのに加えて、悪臭を放っていたり、さらに変色したり、カビが生えたりしたらアウトです。触るとぶよぶよとしていると食べられないなと見極めましょう。

使い切りレシピ「じゃがいものバター醤油炒め」

www.lettuceclub.net

芽を取って、皮を深く剥いたじゃがいもを活用できるレシピです。四角に切ってしまうので、いびつな形になったじゃがいもでも使えます。バター醤油のシンプルな味付けが香ばしくて、箸が止まりません。

じゃがいものバターじょうゆ炒め by平野由希子さんの料理レシピ - プロのレシピならレタスクラブ https://www.lettuceclub.net/recipe/dish/9235/

キャベツ

賞味期限:丸ごと1個は冷蔵庫で2~3週間、カットは1週間

BRETT STEVENS / Getty Images

キャベツは丸ごと1個を冷蔵庫で保存するなら、それなりに日持ちします。ただしカットしているものは賞味期限が短くなります。丸ごと買って、自分で切ったものも早めに食べましょう。

保存法:芯をくりぬいてから冷蔵庫へ

oceans-nadia.com

キャベツは芯をくりぬいてから冷蔵庫で保存しましょう。丸ごとのキャベツなら、芯をくりぬいた後に湿らせたキッチンペーパーを詰めます。カットして保存する場合も、芯は取ります。あとはビニール袋に入れて保存しましょう。

記事に関するお問い合わせ