無料の会員登録をすると
お気に入りができます

冬のアウトドアでも大丈夫♡化粧崩れを防ぐメイクテクニック

実は冬はメイクが崩れやすい時期。乾燥が原因で、冬なのにメイクが崩れることってありますよね。長時間の外出や、ウィンタースポーツの時にはメイクが直せないことも。そこで、冬のアウトドアでも崩れにくいメイクテクニックをご紹介します。

2017年1月
メイク

冬でもメイクが崩れやすい

メイク崩れといえば夏の汗をかく時期がピークですが、実は冬場も崩れやすいと感じている方も多いのではないでしょうか。

冬のメイク崩れは、主に乾燥が原因と言われています。また、室内と室外とでは温度差があり、汗ばむことも。その他にも、スノボやスキーなどウィンタースポーツをするときには汗をかきますよね。

メイク崩れを防ぎたい!

そこで、冬でも落ちないメイクのテクニックをご紹介します。冬ならではのメイク術を知り、1日中崩れないメイクを目指しましょう。

冬のメイクテクニック

1.朝はぬるま湯で洗顔

夏場と違い、冬寝ている間は部屋の中が乾燥しています。寝ている間に肌の水分が奪われがち。そんな朝の洗顔は、ぬるま湯で優しく顔を洗いましょう。

洗顔料をつけて洗顔すると、余計な水分や油分が奪われてしまい、乾燥の原因になります。冬の化粧崩れ対策は、朝のスキンケアから始まっているのです。

2.肌をたっぷり保湿をする

洗顔の後は、たっぷりと肌を保湿しましょう。夏と冬では、化粧水や乳液の種類を変えている方も多いのではないでしょうか。

冬の大敵である乾燥を防ぐには、冬用の保湿力の高いタイプを使うのがおすすめです。また、保湿したあとは、きちんと肌に浸透するまで時間を置いてから、メイクをスタートさせましょう。

毎日のケアを少しだけ見直すだけ!冬の乾燥肌に効く15の習慣

乾燥が原因で起こる冬の乾燥肌に保湿剤が有効なのは有名な話ですね。高価な保湿剤を用意しなくても、日頃のスキンケアの習慣をちょっと見直すだけで、保湿剤の保湿効果がぐんとグレードアップしちゃうんですって♡
675

3.化粧下地は保湿力の高いもの+α

化粧下地も保湿力の高いものを選びましょう。しかし、Tゾーンなど部分的に油分が多い箇所がある方もいます。

そんな時は、その部分だけ皮脂崩れしにくいタイプの化粧下地を使うと良いでしょう。気になる箇所だけ対策することで、保湿力を保ちながら適切なケアができます。

4.ファンデーションはリキッドorクリーム

崩れにくい肌を目指すのなら、ファンデーションはリキッドタイプかクリームタイプが良いでしょう。パウダータイプでは塗りすぎてしまうことが多いので、薄付きのものを選ぶことをおすすめします。

乾燥肌なら冬はクリームタイプ、それ以外ならリキッドタイプを薄く伸ばしてつけましょう。ニキビやシミなど、気になる箇所にはコンシーラーで個別にカバーすると、厚塗りを防げます。

乾燥知らずのうるツヤ肌へ! 保湿系ファンデーション7選&正しい塗り方

乾燥が気になる季節。一日が終わる頃には、ファンデーションは乾いてパキパキ、肌色がくすみ残念なことになっていませんか? 大切なのは保湿力。スキンケア効果の高いファンデーションで、日中の乾燥から肌を守りましょう。
3567

5.アイメイクはウォータープルーフタイプ

アイラインやマスカラなどのアイメイクグッズは、冬でもアウトドアにはウォータープルーフタイプを選びましょう。お直しが面倒な目の周りの化粧崩れは避けたいですよね。

アイメイクに関しては、夏の対策とさほど変わりませんが、冬だから大丈夫と思ってしまうのは危険です。油断せず、しっかり時間をかけて丁寧にメイクするよう心がけましょう。

冬のアウトドアも怖くない♡

長時間外出することの多い冬のアウトドアでメイク崩れを防ぐには、冬の気候に合わせて適切に肌をケアすることが大切です。

冬でも崩れにくいメイクで、1日中アウトドアを楽しみましょう。

記事に関するお問い合わせ