無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「いい香りがするね」って言われたい! 印象に残るフレグランスの使い方

香りって、見た目と同じくらい、印象を大きく左右します。フレグランスを上手に使いこなすことで、ググッと好感度がアップ。恋も仕事も成功に導く、最旬フレグランスと知っておきたい使い方のコツをご紹介します。

2017年1月
美容

社内での好感度アップには

何人かの人が集まる場所では、やはり、香りが前に出すぎないことが大事です。スカートの場合は膝の内側にシュッとスプレー。パンツの場合は足首につけると、動きに合わせてやわらかく香ります。

デートシーンでの使い方

相手にしっかりと好印象を残したいデートでは、ウエストより上に。ウエストの両脇や首筋など、上半身を中心に1、2カ所スプレーします。相手の顔に近い分、香りを強く感じるので、つけすぎには気をつけましょう。

髪につけるのも効果的

さりげないけれど印象的なのが、髪に香りをつける方法。髪をかきあげたり、動くたびにやさしく香り、相手に「お、いい香り」なんて思わせることができます。直接、髪にスプレーするのではなく、まず手のひらにワンプッシュ。

フレグランスをつけた手のひらで、髪をかきあげ、毛先に指を通して、ふわっとまとわせます。肌が弱い人や、フレグランスが強く香るのが苦手という人にもおすすめの方法。

ディナーデートのときは?

食事の席では、その時間から逆算して1時間前には香りをまとうように、強く香りすぎない配慮を。足首など、ウエストより低めの場所につけ、控えめ&柔らかく香らせるのがルールです。

料理に合わせるのもアリ

お店や料理に合わせて、香りを選べばフレグランス上級生です。たとえば、和食ならグリーンティーの香り、エスニック料理ならスパイシーな香りなど。デートの演出を、香りがさらに盛り上げてくれます。

香りのレイヤリングでより印象的に!

今、おすすめしたいのは「香りのレイヤリング」。同じ香りのボディクリームやローションなどのアイテムとフレグランスの重ね使いです。まろやかで立体的な香り立ちになり、持続時間もアップ。

記事に関するお問い合わせ