無料の会員登録をすると
お気に入りができます

しなやかに美しく!折れない心で生きるための5つのヒント

ライフスタイル

日常生活の会話や、雑誌やweb上には、日々さまざまなうわさが流れてきます。けれども、それらをそのまますべて信じてしまうことは、とても危険な行為です。

なぜならうわさの中には、誰かを陥れるために悪意を持って流したものや、自分を目立たせるためにわざと流したものもあるからです。うわさよりも自分の目や耳で見たり感じたりしたものを大切にしていきたいですね。

④前に進むために相手に一歩ゆずる

世に処(お)るためには、一歩を譲ると高しとなす。
歩を退くるは、即ち歩を進むるの張本(ちょうほん)なり。
「菜根譚」講談社学術文庫
pixabay.com

人間関係を円滑にし、しなやかに生きていくためには自己主張ばかりではなく、相手に一歩譲る姿勢が大切です。でも相手に譲ってばかりでは自分が損をしてしまうのでは?実はそうではないと「菜根譚」は説いています。

あなたが相手の立場を思った行動をし続ければ、いずれその愛情は自分に帰ってくることになります。相手のために1歩を譲ってあげることは、実は、自分が一歩進むためのきっかけになるのです。

⑤怒る前に相手の状況を想像する

人の悪を攻むるときは、太(はなは)だは厳なること母(な)く、
其の受くるに堪えんことを思うを要す。
「菜根譚」講談社学術文庫

あの人は何回連絡しても既読スルーだ、気に障ることを言われた…など、人づきあいのなかには、つい腹を立ててしまいたくなることがたくさんあります。けれどもそこでカッとなって、いらだちをぶつけてはいませんか?

「菜根譚」では、怒りすぎないこと、相手の状況や気持ちについて考えるようアドバイスしています。実はそのとき大きなトラブルがあったかもしれない、何か理由があったのかもなどと考えた上で冷静に対処しましょう。

「折れない心」でしなやかに生きる!

Photo by Brooke Cagle / Unsplash

「菜根譚」では、困難に力づくで対処するのではなく、柔らかく折れない心を持ち、しなやかに生き抜いていく大切さを説いています。疲れたときや、焦ったとき、ぜひここで紹介したヒントを参考にしてみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ