無料の会員登録をすると
お気に入りができます

なりたいのは穏やかで綺麗な私。初心者でも簡単!「瞑想」の始め方

近年、瞑想によるさまざまな効果が注目されています。瞑想というと難しく感じてしまいがちですが、簡単に言えば心を落ち着け、体の緊張を手放すメソッドです。ここでは、ヨガインストラクターである筆者が初心者でも簡単に始められる瞑想の基本をご紹介していきます。

2017年1月
ライフスタイル

過去や未来に振り回されていませんか?

過去のことを悩んだり、明日や未来のことを考えたり。私たちの頭の中は絶えず何かを考えてしまっています。それが脳を疲れさせ疲労感や判断力・集中力の低下などを引き起こす原因になっています。

www.pexels.com

過去や未来ばかり見ている人は、後悔や嫉妬、不安、緊張といった負の感情に振り回されやすい傾向もあります。

瞑想は「今」を感じるための方法

簡単に言えば瞑想は、そんな意識を「今」に向けるためのメソッドです!「今ここにいる自分」に集中することで脳を休めることができ、心にも穏やかさを取り戻していきます。

unsplash.com

■期待できる効果
・心が強くなる
・余裕が生まれる
・優しい気持ちになれる
・身体の緊張がほぐれる
・集中力がアップする
・疲れが溜まりにくくなる
など

仕事にも役立つ!

瞑想は世界の成功者や大手企業が取り入れていることから、近年はビジネスシーンでも注目されています。関連本も多く発売されるようになりました。

www.pexels.com

「世界のエリートがやっている最高の休息法」では、瞑想によって脳を休めることができパフォーマンスが上がることが脳科学においても実証されていると書かれています。

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる   2016/7/29

¥ 1,620

瞑想の効果を、アメリカで活躍する精神医療の専門医師が説きます。イェール大学を舞台に物語形式になっているので、とても分かりやすい一冊。

商品詳細
世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる   2016/7/29
www.amazon.co.jp
商品詳細

簡単・瞑想の始め方

瞑想にはさまざまなタイプがありますが、ここではヨガで多く取り入れる方法をご紹介していきましょう。絶対にコレ!という決まりはありません。自分が心地よいと思うスタイルで行ってみてください。

①楽な姿勢で座る

足をあぐらのように前後にして楽な姿勢で座ります。安定するようであればソファのフチや椅子の上に座ってもOKです。頭の上から引っ張られるようなイメージで、背筋をスッと伸ばしましょう。

picjumbo.com

手を膝の上に楽に乗せます。手の平は上下どちらに向けても良いです。

②目を閉じ、呼吸に集中する

口を優しく閉じ、目も閉じます。息を吐き切ってから、深く息を吸いこみ、滑らかに長く吐き出します。鼻の中を通る空気に意識を向けてみましょう。そうすることで、頭の中で何も考えない状態を作り出していきます。

unsplash.com

目は開けていても良いです。その場合は1メートル先くらいの床をぼんやり見るようにしましょう。

③意識が反れたら呼吸に戻す

呼吸に集中していても、外の音に気が散ったり、頭の中にモヤモヤが浮かんでしまうこともあります。そんな時は「今意識が反れたな」と気づければOKです。再び呼吸に意識を集中させていきましょう。

まずは1分でもOK!

始めは1分間続けるだけでも十分です。頭がすっきりするのが分かるハズ。集中力が続くようになったら5分、10分と時間を延ばしていきましょう。

瞑想で心を整えよう!

瞑想を続けることでイライラしない心、疲れにくい身体を手に入れることができます。騙されたと思って1日1分だけでも続けてみては?最近、気持ちに余裕が持てないという方にもぜひ取り入れて欲しいメソッドです。

www.pexels.com
記事に関するお問い合わせ