無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今年こそ目指したい!「プチ・ミニマリスト」に近づくための8カ条

「すっきりした生活」「物のない生活」がクローズアップされている今、ミニマリストを目指し、日々奮闘されている方が増えています。うまく進まない方はまず、ハードルを低くした『プチ・ミニマリスト』を目指してみませんか?

2017年1月
ライフスタイル

話題の「プチ・ミニマリスト」って?

SNSやネットでも、そのおしゃれでスタイリッシュなインテリアやライフスタイルを披露してくれるミニマリストたち。彼女たちに憧れる女性は少なくありません。

でも実際にもののない生活を実行しようとしても、いきなりは難しい!と感じる方が多いようです。

ストレスも少ない「プチ・ミニマリスト」

そこで、昨年あたりから徐々に増えてきはじめたのが、「プチ・ミニマリスト」。

ものを減らし、快適な生活を目指すけれど、お気に入りのものにきちんと囲まれた生活を送っている人たちです。今回は、プチ・ミニマリストの方たちが実践している、8つのポイントをご紹介します。

1.収まる分量だけ残す

クローゼットやタンス、棚にもう十分ものが入っているのに、お買い物してしまっていませんか?

Pin it
ピンもと: whowhatwear.com
3
37

ぎゅうぎゅうに詰まってしまうと、結局どこに何があるかわからず、衣服が傷んでしまう原因に。「入る分しか持たない」というルールを作ってしまいましょう。

2.「専用BOX&トレー」を作る

ミニマリストの方たちは、とにかく分類と整理が上手!全ては無理ですが、そこはしっかり真似して形から入ってしまうのもあり。

例えば、よく使う布巾も、おしゃれなアイアンボックスに収納してしまえば、取り出しやすくインテリアにも貢献してくれます。

お掃除セットも、思い切って1つにまとめ、ラベリングも凝って気分もアップ。あとは、トレイにお茶セットを作ったりするのもおすすめ。

3.グループ別にプチ断捨離

持たない暮らしに不可欠な「断捨離」。思い切り行えればいいのですが、なかなか思うように進まないものですよね。

そこでおすすめなのが、場所別に行っていく「プチ断捨離」。今日はキッチンの引き出し、今日は本棚、というように、気になる場所を1つずつチェックしていけば自信にもなり、効果へ繋がっていきます。

4.“少数精鋭アイテム”を増やす

ものを増やさないためには、思い切って上質なお気に入りを手に入れることも大切。

少々値がはっても、長く使うことでコスパは十分取れますし、そこに予算を持ってくることにより、余計なものも買わなくなるというメリットも。自分のスタイルも確立でき、一石二鳥です。

5.飾り棚は「余白」もポイント

その人のセンスが現れるシェルフ。置いてあるもののチョイスだけでなく、「置き方」にもセンスは見え隠れします。

ただ単に並べるだけでなく、カゴにいれたり重ねてみたり。そんな変化をつけるだけであか抜けますが、そのためには「余白」が必要です。アイテムの周りにスペースを作って、スッキリ空間を。

6.自分のスタイルを確立する

ものを増やしがちな方の多くは、インテリアやコーディネートで、自分のスタイルが確立されていない傾向にあります。

断捨離で残ったアイテムから、自分の好みもわかってくるはず。過去のお買い物も授業料と受け止め、インテリアもおしゃれも、自分のスタイルを確立すれば、自然と無駄なお買い物は減ってきます。

7.「私これには弱いんです」はOK

ものを減らすことがいいとはわかっていても、自分の好きなものは当然集めたくなりますよね。

好きなものに囲まれていると、当然幸せな気持ちになります。「私これには弱いんです」「つい集めちゃう」というものは、いくつかあっても全然OK!

8.“1買い2捨て”を習慣に

捨てられないのに新たに購入すれば、当然ものは増えていってしまいます。

そこで、「買うなら捨てる」を自分に課するのも1つの方法。使えるものがあるのに買ってしまえば、同じものが増えるだけだからです。まずは“1買い1捨て”からはじめてみましょう。

違う自分に出会えそうな予感♡

何もない生活もいいけれど、好きなものに囲まれた生活も心地いいもの。プチ・ミニマリストなら目指せそう!という方、できることからはじめてみませんか?

記事に関するお問い合わせ