無料の会員登録をすると
お気に入りができます

思い出のお洋服も不要な布も大変身!ハギレのリメイク法6選

古くなったTシャツや中途半端に残ったハギレなどは、使い道がなくても捨てるのは勿体なく感じられますよね。そこで今回は、余った布を可愛くリメイクする方法をご紹介します♡

2017年1月
DIY

洋服やハギレをお洒落アイテムに♡

お気に入りだけど古くなったTシャツや中途半端なサイズの布が捨てられなくて、お家に溜まっていませんか?

インテリア雑貨やファッション小物にリメイクすれば、まだまだ有効活用できますよ。早速詳しい作り方をチェックしてみましょう。

①お気に入りの柄をアートに♡

気に入ったプリントのTシャツは、額縁に入れてアートとして飾ってみてはいかが?額縁に収まる大きさにカットしてアイロンでシワを伸ばすだけなので、とっても簡単です。

wear.jp

油絵などに使われるキャンバスがあれば、そのままTシャツで覆って画鋲や接着剤で留めてみましょう。これなら10分以内で作れます。

小さめのプリントやハギレなどは、刺繍枠に入れて飾ると素敵に見えます。刺繍枠は100均で手に入るので、気軽にチャレンジできそうですね。

②お買い物に便利なバッグに変身!

wear.jp

プリントがお洒落でしっかりした素材のTシャツは、バッグにするとお買い物のときに重宝します。Tシャツなら軽くてシワにならないのも嬉しいですね。詳しい作り方は、下のリンク先でチェックできます。

古着Tシャツをバッグに!

Tシャツよりも厚みがあるスウェットも、同じようにリメイクできますよ。

③ハギレでヘアアクセ作り♡

細長いハギレはシュシュ作りにぴったり!適当に結ぶだけでもお洒落に見えるだけでなく、細いゴムのように髪に絡まないので切れ毛防止にもなりますよ。

ハギレでシュシュを作る方法

シュシュを作るには長さが足りないハギレでも、ヘアゴムに付けるためのリボンモチーフにアレンジできます。リボンの大きさはお好みで調節してみてくださいね。

リボンヘアゴムの作り方

④ブックカバーで大切な本を保護して

読みかけの本をバッグに入れっぱなしにしておくと、表紙が傷んでしまいますよね。いつまでも綺麗な状態をキープするために、余り布でブックカバーを作っておきましょう。

必要なものは布と布用ボンド、表紙と同じ大きさの厚紙だけ。カバーしたい本を乗せて布を畳むだけで、綺麗に仕上がりますよ。

ただ布を畳むだけでもブックカバーになりますが、ほつれやすい素材の布などは端をきちんと縫っておく方が長く使えます。

⑤手作りコースターでティータイム♡

お家でのティータイムは飲み物をそのままテーブルに置くのではなく、コースターを用意して少しお洒落に楽しんでみませんか?

リンゴの絵から型紙を作れば、可愛いリンゴ型コースターのできあがり!お裁縫が必要になりますが、端を縫うだけなので難易度は低めです。ミシンがなければ手縫いでもOKですよ。

リンゴの型紙がなければ、四角や丸の形にして同じように作ってみましょう。少し物足りなく感じるときは、レースを縫いつけると可愛くなります。

⑥インテリア小物も作れる♡

クリップやヘアピンなど細かいものは、無くさないようにトレイに入れておきましょう。可愛い柄の布を使えば、インテリアのアクセントにもなりますよ。

ファブリックトレイの作り方

お気に入りの指輪は、リングピローに入れてインテリアの一部として飾っておきませんか?こちらのやり方は両面テープで布を貼るだけなので、お裁縫が苦手でも大丈夫です。

リングピローの作り方

お気に入りの布は長く使って♡

外では着られないぐらいボロボロになってしまっても、思い出が詰まっている服を捨てるのは少し辛いですよね。可愛いアイテムにリメイクして、これからも活躍してもらいましょう♡

記事に関するお問い合わせ