無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ネイリスト直伝!]おうちでできるネイルケア♡キレイを保つセルフケア方法3つ

ネイル

サロンでネイルケアとセルフケアの違い

stock.adobe.com

ネイルサロンでのケア

ネイルサロンでのケアは主に【ウォーターケア】です。

温かいお湯で甘皮や爪周りの皮膚を柔らかくし、プロ用ニッパーで丁寧に整えていきます。

ネイリストの資格試験の内容にも含まれているウォーターケア。
経験と知識があるネイリストさんのケアは、驚くほど美しく仕上がります。

セルフケア

セルフケアの場合、サロンのようなケアは難しいです。

自分でクリームやオイルを塗ってケアしたり、マッサージすることくらいしかできません。
ですがするとしないとでは、爪の状態は大きく変わっています。

手をキレイに保ちたいのであれば、セルフケアはしっかりしましょう。

お家でできるネイルケア

up.myreco.me

<ネイルケア①>ネイルオイル

オイルは皮膚を柔らかくする効果が高く、保湿力もありセルフケアでは欠かせないアイテムです。

しっかり使うことで爪周りの硬くなった皮膚を柔らかくして、ささくれやサカムケが出来にくくなります。

選び方のポイントは【香り】と【使用感】です。

良い香りはリラックス効果が高く、気持ちも満足させてくれます。
そして使用感ですが、指先はよく使う部分でもあるので、べたつきがあると使いたくなくなってしまうという方もいますよね。

べたつきが少なく、サラサラとしたテクスチャで良い香りのオイルだと使いやすいです。

<ネイルケア②>ハンドクリーム

ハンドクリームもネイルケアでは欠かせないアイテムですよね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ