無料の会員登録をすると
お気に入りができます

共感がもっと伝わる。「わかるよ」の後に伝えたい相手に寄り添う5つの言葉

悩み相談などをされたときに、相手に共感するために「わかるよ」という言葉ばかりになっていないでしょうか。相手に寄り添う言葉はもっとあるようです。

2017年1月
ライフスタイル

寄り添う言葉を届けたい

「わかるよ」の後に伝えたい言葉がある

悩み相談を受けたときなど、相手に共感する気持ちを伝えたいと「わかるよ」という言葉ばかりになってしまうことはよくあることです。これも相手に寄り添う言葉のひとつ。

ですが、相手の気持ちに寄り添えるような言葉を加えれば、きっと相談した側は救われた気持ちになるはずです。 そんな相手に共感し、寄り添う言葉を知っておきましょう。

1.「大丈夫?無理しないでね」

いっぱいいっぱいなときに救われる

相談をしてきたり、感情を吐露するというのは、よっぽど切羽詰まっているとき。本人も無理しているのに、そのことに気づいていないことがあります。

そんなときに「大丈夫?無理しないでね」と伝えることで、相手は「無理してたんだ」という自覚が生まれて、ふっと肩の力を抜くことができます。頑張っていた自分を認められた、そんな気持ちにもなれるでしょう。

「大丈夫?」だけだと、無理をしていても「大丈夫」と答えてしまいます。なので「無理しないでね」とさらに付け加えることで、より相手に寄り添う言葉になるでしょう。

2.「大丈夫だからね」

受け止めてくれる人になろう

不安やつらい気持ちでいっぱいな相手は、その気持ちを受け止めてくれる人が必要です。なので「大丈夫だよ」と相手の気持ちを受け止める気持ちで伝えましょう。

Pin it
ピンもと: popsugar.com
1
13

言葉だけですが、相手はほっと安心するはずです。自分を受け止めてくれる人がいるというのは、心強いものなのですから。

3.「つらかったよね」

気持ちを認めてほしいから

辛く苦しい気持ちを伝えられて、相手にこんな風に言ってしまってはいませんか?「あなたと同じようにつらい人がいる」「もっと頑張れるよ!」と。

Pin it
ピンもと: indiaearl.com
275
931

励ます言葉ではあります。しかし、相手の気持ちには何も寄り添っていないのです。今つらく、頑張っているのは、目の前の相手なのですから。まずはその気持ちを認めてほしいものなのです。

なので「つらかったよね」「苦しかったよね」と気持ちに寄り添いましょう。頑張っている人には「もっと頑張って」より今までのことを「頑張ったよね」。相手の重い気持ちも少しは軽くなるかもしれません。

4.「話してくれてありがとう」

感謝の言葉は凍った心にも響く

悩み相談やつらい気持ちを伝えてくれるというのは、相手からすると一大決心かもしれません。相手が受け止めてくれるか、でもこの気持ちを話さないとつらい…だからこそ話してくれたのでしょう。

なので、相手が一通り話し終えた後には「話してくれてありがとう」と伝えましょう。相手はそのとき初めて「話して良かったんだ」と安心できるはず。凍てついていた心も感謝の言葉で和らぐはずです。

5.「また何かあったら何でも聞くよ」

共感から信頼へ

相談や話が終わった後には「また何かあったら言ってね。何でも聞くよ」と伝えましょう。感情を吐き出したり、つらい気持ちを伝える場所があると思うと、相手は心を重くすることも減るはずです。

Pin it
ピンもと: junebugweddings.com
37
206

ただ共感していた気持ちから信頼感へ、相手との関係性もより深まるでしょう。

心から思えばきっと届くはず

相手の苦しい気持ちを完璧に理解することはできませんが、共感し寄り添いたいという気持ちはありますよね。「相手のために」と心から思えば、あなたの口から出る言葉でその思いが届くはずです。

この記事を参考にして、より相手の心に寄り添う言葉を伝えてみませんか?

記事に関するお問い合わせ