無料の会員登録をすると
お気に入りができます

冬が旬♡日帰りいちご狩り旅行特集

クリスマス時期から春にかけて出番の多い苺。苺のレジャーといえばいちご狩りですよね!今回は関東から日帰りで行けるいちご狩りスポットと、いちご狩りについての注意点や持ち物をご紹介します。週末のレジャーに選んでくださいね。

旅行・おでかけ

持っていくと便利なもの

苺が好きな気持ちとお金さえ持っていけば楽しめるいちご狩りですが、もっと楽しむために持ち物の準備も万端にしておきましょう!

ウエットティッシュ

フルーツって案外果糖が多くて手や口の周りがベトベトになりますよね。ティッシュやハンカチではベトベトまでまかなえないので、ウエットティッシュがおすすめ。すぐに出せるところにしまいましょう。

お茶などの飲み物

先ほどもご案内しましたが、寒い季節とはいえハウスの中は暖かいです。なので飲み物を持参することをおすすめします。苺が甘いので、飲み物はお茶やお水などの甘くないものが良いでしょう。

前開きの上着

ハウスの中は暖かいですが、外に出ればやはり寒いです。なので脱ぎ着しやすい前開きのパーカーやジャケットが重宝しますよ。脱いでも可愛いコーディネートに仕上げましょう。

かかとが低い靴

ビニールハウスとはいえ農園です。土が柔らかかったりぬかるんでいることもあるでしょう。ヒールの高い靴は歩きにくく、ハウスの中を傷つけてしまう可能性もあります。ローヒールのパンプスなどがおすすめです。

赤ちゃんがいる方はすり鉢とすりこぎ

無農薬のフルーツは赤ちゃんにあげても安心ですよね。赤ちゃんいる方はぜひ連れて行ってあげてください。すり鉢とすりこぎを持っていけば、とれたての苺をその場ですりつぶして離乳食にできますよ。

練乳など苺につけるもの(要確認)

農園によってはミルクやチョコソースを持参可能のところもあります。練乳だけでなく、生クリームやチョコソースもおすすめですよ♡ただし、トッピング禁止の農園もあるので事前に確認しましょう。

記事に関するお問い合わせ