無料の会員登録をすると
お気に入りができます

下半身デブ予防に♡5分でできる股関節ストレッチ

あなたの股関節、硬くなっていませんか?実は股関節の柔軟性は冷えやむくみの改善、ダイエットにも欠かせないもの!早速毎日5分でOKな股関節ストレッチをまとめてご紹介します。

2017年1月
美容

股関節、硬くなってない?

股関節の硬さは不調を引き起こしているかも…

最近下半身の冷えむくみがなかなか取れない…と感じることがありませんか?

もしかするとその原因は、歪んだ骨盤や股関節の硬さにあるのかもしれません。

股関節ストレッチで、下半身を細く♡

だからこそ今始めたいのが、毎日短時間で体を正しい状態に戻す「股関節ストレッチ」です。股関節に柔軟性が生まれれば、血流が改善し冷えやむくみがスッキリ解消するのはもちろん、下半身ダイエットにも効果的です。

今回はそれぞれ1分間という短時間で行う5つの股関節ストレッチのメソッドをまとめてご紹介いたします。ぜひチェックしてみてくださいね。

股関節ストレッチ①

ハーフスプリットでしっかり縦に動かして

「ハーフスプリット」と呼ばれる足を伸ばさない股割りは体が硬い人でも始めやすいエクササイズの一つ。

写真のように体をひねりながらゆっくり呼吸を整えて腰を深く落とすことを意識してみましょう。左右の足の位置を替えて30秒ずつ実践してみてくださいね。

股関節ストレッチ②

カエルストレッチでじわじわ効果を感じて

縦に柔軟性を高めるストレッチの後は横をしっかり刺激してみましょう!そこで役に立つのが「カエルストレッチ」です。

Pin it
ピンもと: dailyburn.com
2

カエルの足のように膝を曲げて大きく股を開いたら、ゆっくりと深呼吸しながら地面に体重をかけていきます。この時ひざ下が浮かないように注意するのが大切なポイント。体を大きく使って1分間ストレッチしてみましょう。

股関節ストレッチ③

股関節を柔らかくするお尻伸ばし

縦横と柔軟性を高めたら次はお尻伸ばし、ヨガの「針の穴のポーズ」でさらに股関節を刺激していきましょう。

写真のように足を組んでもう片方の足に乗せたら、もも裏で手を合わせ、上半身に引き寄せるようゆっくりと力をかけていきます。片足30秒続けたら、足を組み替えて反対側も同様に30秒間ゆっくりと体に引き寄せましょう。その際お尻が浮かないよう気をつけましょう。

股関節ストレッチ④

タオルやロープでしっかりストレッチ

タオルやロープを使って行うストレッチは、股関節の柔軟性を高める上では外せないもの。

Pin it
ピンもと: dailyburn.com
1

写真のように足裏に引っ掛けたら、足を前後左右に動かして、しっかり股関節をほぐしていきましょう。ひざを曲げずに左右交互に30秒間ずつ行うのがポイントです。

股関節ストレッチ⑤

最後は足の裏を合わせてリラックス

そして最後は足の裏を合わせてゆっくりと行うストレッチ。一見ただ寝転んでいるだけに思える姿勢ですが、実は実際に行ってみると股関節への刺激が感じられます。

Pin it
ピンもと: prevention.com
1
5

最初のうちはひざが床から大きく浮いていますが、股関節の柔軟性が高まればひざを床に近づけることも可能になります。こちらも1分間ゆっくり深呼吸しながら実践してみてください。

毎日のストレッチは美脚の秘訣♡

毎日の股関節ストレッチは、ダイエットや健康の基本。

全てまとめて実践しても5分という短時間で完了するので、ぜひ朝一番や寝る前などのリラックスタイムに取り入れてみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ