無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

気がついた時にできる♡表情筋を鍛える「フェイスストレッチ」5選

美容

顔の筋肉も使わないと衰える原因に

外出する機会が少なくなってくると、人との会話や刺激が少なくなることで表情筋を使う機会も減ってきます。表情筋の使用が少なくなってくると、顔のたるみに繋がる可能性も。

Povozniuk / Getty Images

身体を使ったストレッチももちろん大切ですが、顔の筋肉が強張ってしまわなように、気が付いたらできるフェイスストレッチを毎日の習慣に取り入れてみませんか?

①目の周りのたるみ解消:「外眼筋ストレッチ」

パソコンやスマホを見る時間が長くなると、眼精疲労がたまっていき眼球運動を支える外眼筋に影響が。適度な目のストレッチで緊張を和らげながら血行を促進し、たるみも解消しちゃいましょう♡

VladimirFLoyd / Getty Images

1.顔の前に人差し指をたてて上下左右にゆっくり移動させ、それを目で追う
2.顔の前で人差し指で円を描くように動かし、それを目で追う

②ほうれい線撃退:「フグの顔」

頬や口の周りの筋肉を使うことで、筋肉を刺激してたるみを伸ばしながらほうれい線ができるのを防止します。気がついた時にまめに行うことで効果がアップしますよ。

max-kegfire / Getty Images

1.口の中に空気をいれて、ほうれい線を消すイメージをしながら5秒キープする
2.空気を右側の頬に移動して5秒キープする
3.左側の頬に移動して5秒キープする

③フェイスラインがすっきり:「アゴずらし」

リモートワークが続きパソコン作業が長くなると、頬杖をついてしまったり歯を食いしばったりすることで、あごに歪みが出てきてしまうことも。あごの歪みを直し、小顔効果もあるストレッチです。

Deagreez / Getty Images

1.顎関節を意識しながら、あごを前に突き出して10~15秒キープする
2.あごをひっこめて10~15秒キープする
3.あごを左にずらして10~15秒キープする
4.あごを右にずらして10~15秒キープする

④目の下のむくみ減少:「ムンクの顔」

有名な絵画「ムンクの叫び」に似ていることから、この呼び名がついています。ほうれい線を薄くしてくれるだけでなく、目の下のたるみやむくみにも効きますよ。

PeopleImages / Getty Images

1.口を「オ」の形にして、頬と鼻の下を伸ばすイメージで顔を縦に伸ばす
2.視線は上に向け、おでこや眉にしわが寄らないように気をつけながら、下まぶたを5~10回持ち上げる

記事に関するお問い合わせ