無料の会員登録をすると
お気に入りができます

上司に意見を言うときに使いたいクッション言葉とは?

ライフスタイル

「差し出がましいようですが……」という表現を聞いたことはないでしょうか。「差し出がましい」という言葉はそもそもどういう意味を持つのか、どんな場面で使われるのか、類義語には何があるのか、国語講師で『美しい女性をつくる言葉のお作法』(かんき出版)著者の吉田裕子さんに解説してもらいました。

(3)「僭越ながら」

自分の立場や資格を越えて、出過ぎた真似をすること。「僭」も「越」も、自分の分際を越えることを意味します。

固い言葉なので、もっぱら結婚披露宴や授賞式などのスピーチ、司会の挨拶で使われています。

例文

・「僭越ながら、乾杯の音頭を務めさせていただきます」
・「僭越ですが、本日の司会を務めます」

謙虚な姿勢を伝える「差し出がましい」

誰に対しても、何かを頼むのは気を使うものです。特に、顧客や上司・先輩などに協力をしてもらわなくてはいけないときは、言い出しづらいですね。

そんな場面で、「差し出がましい話ですが」というクッション言葉を付けるようにしましょう。「目上の人に無理なお願いをして申し訳ないのですが」という謙虚な姿勢が伝わります。

(吉田裕子)

※画像はイメージです

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ