無料の会員登録をすると
お気に入りができます

私だけの貴重な夜時間♡自分磨きもできる“夜活のススメ”10選

「朝活」が取り沙汰されることの多い今、注目されはじめているのが「夜活」。お仕事のあと、リフレッシュも兼ねてぜひおすすめしたい「夜活」にフォーカスをあててみました。

2017年1月
カルチャー

意外と時間がとりやすい「夜活」

1日のはじめとなる朝に焦点をあてた「朝活」。今ではすっかり定着してきていますが、「夜活」となると、何ができるんだろう?と思う方も多いのではないでしょうか。

始業時間は統一されていることがほとんどですが、夕方や夜は、お仕事の進み具合によって帰宅時間を調整できることもあり、最近は「夜活」も注目されはじめてきています。

1.「夜カフェ」でスイッチオフ

朝の元気はどこへやら、お仕事が終わったら頭も体もぐったり。そんな方におすすめしたいのが、「夜カフェ」。

帰宅までにワンステップ置くことにより、頭も心もすっきり整理できます。持ち帰りたくない案件も、場所が変われば進むことも多いもの。比較的に一人でも入りやすい、チェーン店がおすすめです。

2.夜空を身近に♡「プラネタリウム」

忙しい毎日の中、自然と触れ合える時間をなかなか持てない方も多いかと思います。

そんな時は、プラネタリウムで輝く星空を見てリラックスしてみませんか?最近は、ナイトプラネタリウムやヒーリングプラネタリウムを実施する施設も増えてきています。

全国のプラネタリウムランキングはこちら♡

3.「BAR」で1杯カクテルをたしなむ

バーで一人カクテルを傾ける女性って、憧れますよね。実際は敷居が高いという方は、1杯だけいただくのはいかがでしょうか。

実際行ってみると、一人で来ている方が意外と多いのに気づくと思います。静かに飲むのが前提の場所なので、ゆっくり気負わずに好きなカクテルを1杯だけ。最高のぜいたく時間です♡

知っておきたいBARのルールとマナーはこちら♡

4.「LIVE」でストレス発散!

非日常の空間であるライブハウスは、ストレス発散に最適です。

www.pexels.com

ドームやホールで行われる大規模なものから、アットホームなライブバーまで、ライブは色んな場所で行われています。もちろん、演奏側にチャレンジするのもあり!

5.「展望台」で夜景観賞

ちょっぴりつらいことがあった時は、展望台から夜景を見て、勇気をもらっちゃうのもおすすめ。

タワーの展望台など、デートスポットに行きにくい時は、ショッピングモールなどの見晴らしのいい場所でもOK。たくさんの瞬く光を見ているうちに、「つらいのは自分だけじゃない」と思えるように。

6.「カフェ英会話」はメリット高し♡

グローバル社会で必要性を問われている英語は、実用性だけでなくほかにもうれしいメリットが。

生きた英語が身につき、知り合いが増えるのはもちろんですが、英語は口の両端を左右に開いた、笑顔に近い形で発声することの多い言語。アンチエイジングにも効果的かも!?

カフェ英会話 詳細はこちら♡

7.腕をふるって作る「おうちディナー」

忙しいからと、ついありあわせのものばかり食べていると、美容面にもマイナスに。

www.recipe-blog.jp

だからこそ、可能な日でいいので栄養たっぷりのディナーデーを設けましょう。少量ずつ、バランスよくいただくと吸収率もアップ。時間のある休日に、作り置きをしておくのもいいですね。

作り置き最強説♡時短を叶える“優秀おかずレシピ”12選

忙しい毎日の中で、作り置きできるおかずが冷蔵庫に何品か入っていれば心強いもの。料理にかける時間が少なくなる分、ゆとりも生まれてくるでしょう。そんな時短を叶える優秀なおかずレシピを一挙にご紹介します。
3990

8.熟睡効果抜群「夜ラン」

脂肪を燃やす有酸素運動の代表格でもあるランニング。効果を出そうとなると20分は必要と言われていますが、朝ではなかなかその時間がとりにくいのも事実。

その点、夜ランは時間が取りやすい他、走ったあとは食欲が抑制されるので、食べ過ぎを防ぐ効果も。また、就寝1~2時間前に行うと体温がアップされ、深い睡眠がとりやすくなると言われています。

9.明日への活力になる「バスタイム」

心身ともに、ときほぐされていくようなバスタイムも、夜活には欠かせません。

お気に入りのキャンドルやバスソルトなど使って、ゆっくりと湯船につかりながら1日の振り返りを。お風呂から出たあと、いつもより手をかけたスキンケアをするのもおすすめです。

10.初心者さんもOK!「夜の5分ヨガ」

体を目覚めさせる「朝ヨガ」に対し、「夜ヨガ」はストレスを取り払い心身ともにリラックスすることが目的です。夜ヨガに最適な、2つのポーズをご紹介します。

チャイルドポーズ

①床に正座し、両手を前につけて上半身をゆっくり前に倒していく
➁おでこを床につけたあと、手をしっかり伸ばしたまま30秒キープする
③ゆっくりと①の正座の状態に戻る

赤ちゃんのポーズ

①膝をたてて床に仰向けに寝たあと、膝を両腕で抱えて頭を膝に近づける
➁大きくゆっくりと5回深呼吸をする
③ゆっくりと①の状態に戻る

ヒーリングミュージックなどかけながら、体が伸びていることを意識しつつ、リラックスして行ってくださいね。

大切な夜時間を有効に使おう♡

1日のはじまりが大切なように、終わりもとても大切。充実した夜活は、快適な次の日につながっていきます。気になったものがあれば、ぜひ試してみてくださいね!

記事に関するお問い合わせ