無料の会員登録をすると
お気に入りができます

洋服は少なくていいんです♡「フレンチシネマ」から学ぶ着こなし術

洗練されたコーデで魅力的なパリジェンヌ。ベストセラーとなった書籍『フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣』で紹介されたように、パリジェンヌは、上質なお洋服を少しだけ持って、上手に着こなしているんです。そんな素敵コーデの参考にしたいフレンチシネマを紹介します!

2017年1月
ファッション

ファッションの聖地「フランス」

誰もが憧れるパリジェンヌ

洗練されたセンス。可愛いのにどこかセクシー。常にファッションの最先端を進むフランスで暮らす女性達の素敵なコーディネートは、女性ならば誰しも一度は憧れるのではないでしょうか?

シンプルが一番

「フランス人は10着しか服を持たない」なんて言うように、パリジェンヌ達は上質で本当にお気に入りのお洋服を、大切に長く上手に着こなしているのです。

彼女達の素敵なファッションセンスを参考にしたいと思ったら、フレンチシネマがおすすめなんです!

『プライスレス 素敵な恋の見つけ方』

男を惑わす主人公・イレーヌの恋愛ストーリーで、小悪魔的な衣装が目立ちます。背中を思いきり見せたブラックドレスは、肩のビジューがほどよく華やかさをプラスしていて、色っぽさを全面にだしていますね。

こちらは真っ白なワンピース。胸元が大胆に開いてとてもセクシーですが、アクセサリーはほとんど付けず、ヘアアレンジも無造作にすることによって、シンプルで親しみやすい雰囲気になっていますね♡

『アメリ』

オシャレ映画の代表作とも言えるフレンチシネマ『アメリ』。くっきりとした赤いカーディガンも、レース柄で透け感があるので重たくならず、黒髪にとても良く似合いますね!

子供っぽくなりがちなピンクのドット柄だって、くすんだカラーを選べばフレンチレトロな雰囲気に。キッチュな髪型やインテリアなどにも注目したい映画です。

記事に関するお問い合わせ