無料の会員登録をすると
お気に入りができます

洋服は少なくていいんです♡「フレンチシネマ」から学ぶ着こなし術

洗練されたコーデで魅力的なパリジェンヌ。ベストセラーとなった書籍『フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣』で紹介されたように、パリジェンヌは、上質なお洋服を少しだけ持って、上手に着こなしているんです。そんな素敵コーデの参考にしたいフレンチシネマを紹介します!

2017年1月
ファッション

『悲しみよこんにちは』

こちらはアメリカとイギリスによる共同制作の作品ですが、原作はフランス人作家のフランソワーズ・サガン。少しアメリカンテイストの入ったデニムコーデ。程良い肌見せが女性らしい色っぽさ引き出していますね。

グリーンのギンガムチェックシャツに、グリーンのショートパンツ。ジャストサイズをすっきりと着こなし、身体のラインが出ることで、ヘアスタイルが男の子のようなベリーショートでも可愛らしくなっています。

『パリ、恋人たちの2日間』

www.amazon.com

こちらは黒地に明るい差し色の入ったトップスが主役のコーデ。派手柄トップスに合わせて、他のアイテムを黒で統一することで上品さが出ています。彼もお揃いのサングラスと黒コーデでまとめて大人流ペアルックに!

www.amazon.com

カーキのインナーのデニムのジャケットをさらっと羽織れば、決して気を抜かないお散歩コーデに!デニム生地のアイテムを取り入れることで、簡単に垢抜けコーデに切り替えることができちゃうんです。

『シェルブールの雨傘』

最初から最後まで地のセリフがない完全なミュージカル映画『シェルブールの雨傘』。ビビッドな色のカーディガンをさらっと羽織る可愛らしくも女性らしいスタイルは、主人公カトリーヌの定番!

外出時だって、白のAラインコートに合わせたコーデは、甘くなりすぎないように小物はあまり飾りのないシンプルなもので揃えています。あえてぺたんこ靴にするのが程よく抜けるポイントになっていますね。

『軽蔑』

フランスのマリリン・モンローとも言われるブリジット・バルドー演じるヒロインは、露出を押さえた上品な着こなしが特徴的です。パリジェンヌの定番ボーダーを、ネイビーで統一したマリンスタイルで綺麗に着こなしています。

ピンクのストライプ柄のトップスには、ダークカラーの膝丈スカートを締め色にしてレディライクな着こなしに。あっさりとしたアクセサリーを取り入れ、オフィスコーデの参考にも良さそうですね。

記事に関するお問い合わせ