無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そのチョイスがデブの元!覚えておきたい痩せる食べ方

何を食べるかという何気ない日々の選択が、あなたの身体を大きく左右しています。ここでは痩せるための食材の選び方をご紹介します。なかなか痩せないと嘆く前に、日々のチョイスを変えてみては?

2017年1月
美容

食べるものがスタイルを決める!

今まで口にした食べ物が、今の自分の身体を作っています。最近太った、肌が荒れた、疲れやすくなったという方は、食べたものが影響しているかもしれません。

チョイスを変えてみよう!

食べ物の選び方を意識することで、身体はみるみる変わっていきます!だからこそ、世界で活躍するアスリートや身体が資本のモデルさんは食べ物に気をつけているのです。

www.pexels.com

ここでは日常で取り入れやすい、痩せるチョイスをご紹介していきます。

サンドイッチ→おにぎり

カロリーだけで見るとさほど違いはありませんが、サンドイッチには、血糖値を上げやすい小麦粉、高カロリーのバターやマヨネーズ、加工食品のハムなどが使われています。

www.pexels.com

血糖値が急上昇するとそれを下げるためにインスリンというホルモンが分泌され、脂肪を溜めやすい体になってしまいます。血糖値が下がるとまたすぐにお腹が空いてしまうというデメリットも!

痩せ体質を作るには、血糖値が急上昇しないお米をチョイスするのが正解です。腹持ちも良く、無駄な完食も防げますよ。

コーンスープ→味噌汁

甘くて美味しいコーンスープも良いけれど、身体のことを考えるなら発酵食品である味噌をつかった味噌汁がおすすめです。腸内環境を整える助けにもなります。

具だくさんのお味噌汁をチョイスすれば栄養価もアップします!家で作るのであれば、ビタミンやミネラルが豊富な野菜をたっぷり入れましょう。朝ごはんにもおすすめ。

クッキー→ダークチョコ・ナッツ

疲れてくるとついつい手が伸びてしまうスナックやスイーツ。適度な糖分補給は必要ですが、栄養がほぼ無いのが難点。さらに食べ過ぎてしまうとカロリー過多になるので注意したいところ。

記事に関するお問い合わせ