無料の会員登録をすると
お気に入りができます

冬のコーデが見違える♡キレイ色の一点投入がオシャレの鍵!

暗くなりがちな冬コーデを明るくオシャレに見せるコツをご紹介。海外スナップやファッショニスタを研究して、キレイ色を上手く使った「センスあり」なコーデにトライしましょう♡

2017年2月
ファッション

ダークなコーデじゃ気持ちも寒い

冬の定番アイテムであるニットやアウターは、ついグレーやブラック、ネイビーなどの暗くて落ち着いた色合いを選びがち。でも全身ダークなコーデだと何だか気分まで寒くなってしまいますよね。

stylecaster.com

そんな冬コーデのお悩みを解決して、パッと明るく、さらにはセンス良く見えるようにするなら、キレイ色を上手く取り入れるのがポイントです!

一点投入でコーデがガラリと見違える♡

アウターやボトムス、小物やブーツなどにバランスよく投入された明るい色やパステルカラー、派手色やキレイ色を取り入れたファッショニスタのコーデを見てみましょう。

wear.jp

①ワイドパンツをキレイ色に

今季のトレンドアイテム、ワイドパンツ。ボリュームを占めるアイテムだけに、明るめのカラーをセレクトすれば一気に華やかな印象に。

intl.aritzia.com

トップスやアウターがダークな色合いでも、真っ白なガウチョパンツを履くだけで全身が一気に明るくチェンジ。かっちりした素材感とヒールが大人の女性らしさを引き立たせてくれます。

②アウターで取り入れるのもアリ

季節柄ちょっと合っていないかも・・・と避けられがちなビタミンカラーやパステルカラーですが、思い切ってアウターに使うのもひとつの手です。

wear.jp

イエローやスカイブルー、ピンクなどの明るい色はデニムやダークカラーとの相性もよく、一枚あるとマンネリコーデを脱出できちゃいます。

www.collagevintage.com

③冬色にはグリーンが引き立つ

ブラックにはカーキ色ではなく、明るめのグリーンがよく合います。ニットやボトムスに一点投入するだけでオシャレ度もアップして、センスの良さも感じさせてくれます。

記事に関するお問い合わせ