無料の会員登録をすると
お気に入りができます

良い運気を倍増させる? 強力な開運アイテム「鏡」の正しい置き方

鏡は、幸福を倍増させて不幸を避けることのできる強力な開運アイテムと言われているのをご存知でしたか?しかし、使い方や置き方を間違えると、逆に不幸を引き寄せてしまうことがあるのだとか。今回は、ちょっぴり怖い鏡の効果的な使い方や注意点をまとめてみました。

2017年1月
ライフスタイル

鏡の置き方一つで運気が変わる?

お化粧をする時、服のコーディネートをチェックする時、トイレに行った時など、普段から鏡を何となく使っている方も多いはず。鏡は「美容運」を握っているとも言われ、風水的にも欠かせないアイテム。

鏡は置くだけで良い気を引きつける効果がありますが、ひとたび扱いを間違えると良い気を逆に跳ね返してしまいマイナスの効果を発揮してしまう危険性が。今回は、鏡を上手に使って運気UPできる方法をご紹介します。

幸運を引き寄せる鏡の形&置き方

丸い形の鏡には、いろいろな運気を引き寄せるパワーが、四角い鏡には邪気を反射する力があると言われています。邪気を受けやすい方角に四角い鏡を“外側に向けて”置くと、鏡が反射してくれます。

邪気を受けやすいのは、玄関と窓が「北・北東・南西・西」の方角。ただし、四角い鏡であっても「三面鏡」には要注意。何重にも重なって映ってしまうため、邪気が反射しあって部屋に溜まってしまう恐れがあります。

場所別♡運気がアップする鏡の置き方

1. 玄関の正面はNG

気の入り口でもある玄関の正面に鏡を置くのはご法度。入ってくる良い運気を跳ね返すことになってしまうので、置く場合は壁側に鏡を設置しましょう。

玄関のドアを背にして、右側の壁に飾ると仕事運アップ、左側は金運アップの効果があると言われています。ちなみに、欲張って両方の壁に飾るのは、合わせ鏡となって不幸を呼ぶので避けましょう。

2. 洗面所・浴室の鏡はピカピカに

前述したとおり、鏡は美容運を司るもの。特に、洗面所や浴室の場所自体も美容運に関係しているため、鏡はピカピカに磨いておくことが大切。汚れたらすぐキレイにする習慣をつけましょう!

3. ベッドに鏡を向けない

部屋の中でも一番大切なのが、寝室に置く鏡。ベッドに鏡を向けていると、安眠できず疲れが取れないという悪循環に陥る可能性が。鏡の位置をどうしても変えられない場合は、寝る前に布などでカバーすればOK。

また、寝室の扉の正面に置くのもNG。基本的に寝室の扉は閉まっていることが多いため、この場所に置くと邪気や陰気が反射して室内に溜まってしまう傾向が。場所を変えられない場合は扉を常に開けておきましょう。

記事に関するお問い合わせ