無料の会員登録をすると
お気に入りができます

余裕がなくなっていませんか?心をリラックスさせる5つの習慣

仕事で疲れ過ぎて逆に眠れなくなったり、朝起きた瞬間から仕事のことを考えて憂鬱になっていませんか?そんな辛い気分を少しでも和らげるために、上手に自分をリラックスさせる習慣を身につけておきましょう。

2017年1月
ライフスタイル

毎晩きちんと眠れていますか?

夜眠りにつく前、どんな風に過ごしていますか?家事やお風呂以外はテレビやスマホを何となく見ていることが多い場合は、要注意です。

寝る直前まで音や映像に囲まれていれば、静かな環境でじっくりと考え事をできるのはベッドの中だけ。寝ようと思った途端に様々な思いが頭の中でぐるぐると回り始め、眠りにつくことが難しくなってしまいます。

質の高い睡眠を得るには日常生活の中で自分とじっくり向き合う時間を作り、心をリラックスさせることが必要なんです。ここではその方法をチェックしてみましょう。

①大好きな曲で気分転換

気分を上げてくれる音楽は、私たちの生活には欠かせないものの1つ。しかし通勤中や家事をしているときなど、何か作業をしながら聞くことが多いのではないでしょうか?

1日1曲でいいので、目を閉じてじっくり聞く時間を作ってみましょう。瞑想よりも気軽にできる上に、しっかり集中すれば5分程度でもほど良い気分転換になりますよ。

②感謝の気持ちを思い出して

今の生活がつまらない、自分のことが好きになれないと感じたときに効果的なのがこの方法。今の環境で感謝できることや自分の長所を、5つぐらい思い浮かべてみてください。紙に書き出すとさらにベターです。

自分を変えたい、新しいことに挑戦してみたいと思うときも、まずは今の自分がどんなに恵まれているかを確認しておくことが大切。不満を言いながら今の自分を否定していたら、次に進むことはできないんです。

③目標は毎日再確認!

疲れていると、もうこれ以上頑張りたくない...なんて思ってしまいますよね。このままやる気が失せてだらけてしまわないように、毎日今年の目標を再確認しておきましょう。

やり方は簡単。今年の目標と達成するためにやるべきことを文章にしておき、毎日最低1回、頭の中で復唱するだけです。シンプルですが、モチベーション維持には効果がありますよ。

④日常生活で贅沢気分を味わって

新しい習慣を取り入れるのが難しければ、普段の生活に少しだけ贅沢気分を取り入れてみませんか?と言ってもお金をかけるのではなく、時間の使い方を見直してみるだけで良いんです。

記事に関するお問い合わせ